2015年08月31日

fhana「ワンダーステラ」レビュー

ワンダーステラ - fhana
ワンダーステラ - fhana


2015年8月5日発売


曲目
1.ワンダーステラ
2.cymbals will ring
3.ワンダーステラ (Oii "Patchwork" Remix)


順位
・53位


レビュー
・fhana 6thシングル。
表題曲はアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』OP。

「ワンダーステラ」
いかにもアニメのOPらしい感じのアップテンポの楽曲。作曲は佐藤純一。
と思ったら2番でいきなりCメロ挟んで Bメロに戻ってまたサビに行くみたいなちょっとビックリな曲進行
その後のサビもメロディーが新たに加わっていてこれでクライマックスかな?と思ったら
その次に大サビが待ち構えているという・・・。
アニソンなのにこんなメンドクサイ曲展開って・・・ちょっと「紅蓮の弓矢」(1番と2番のメロが全然違う楽曲)を思い出した。

ただ
スゴイな〜とは思うけど 肝心なサビのメロと歌詞がありふれてる感が凄くて押しが弱いと感じた。楽曲がラストに向かっていくにつれて盛り上がっていくのにメロが弱いのは・・・ちょっと気になった。
それ以外は凄く良いから残念。


「cymbals will ring」
デジタル風味のアレンジが施されたポップチューン。デジデジしてる割にはなんかベースもブイブイ言っていて面白い。
kevinっていうサンプラー担当の人が作曲してるけど この人が作った曲の方がA面の曲よりも好きかも。サウンドがエレクトロニクス風味だけどバンドサウンドも機能してて良い感じ。


「ワンダーステラ (Oii "Patchwork" Remix)」
リミックスというか別Ver.というか。。
サウンドがほとんど打ち込みっぽい感じでこっちの方が原曲よりもサウンド的には面白い。



評価
75点

ワンダーステラ





ラベル:fhana CDシングル
posted by Shouta at 20:01| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

Ed Sheeran「X」レビュー

X - Ed Sheeran
X - Ed Sheeran

X (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition) - Ed Sheeran
X (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition) - Ed Sheeran
2014年6月20日発売


曲目
1.One
2.I'm a Mess
3.Sing
4.Don't
5.Nina
6.Photograph
7.Bloodstream
8.Tenerife Sea
9.Runaway
10.The Man
11.Thinking Out Loud
12.Afire Love

デラックス・エディション
13.Take It Back
14.Shirtsleeves
15.Even My Dad Does Sometimes
16.I See Fire
17.All of the Stars


売上
・200万枚(UK)
・170万枚(US)
・700万枚(全世界)

順位
・1位(US,UK他多数)


レビュー
・Ed Shheeran 2ndアルバム。
プロデューサーにはリック・ルービンやファレル・ウィリアムスなどの錚々たるメンバーが担当しており、前作以上の成功を収めた。

今作はとにかく大ヒットしてる1作で
発売1年以上たった今でも本国イギリスではTOP10入りするほどロングヒットしてて
前々から気になっていたので レンタル解禁になったのを見計らって聞いてみました。

「Happy」が大ヒットしたファレル・ウィリアムス、レッチリやアデルの大ヒット作を手掛けた売れっ子プロデューサー、リック・ルービンがプロデュースしているだけあって大ヒット確定!みたいなものは感じるけど(笑)
アルバムの内容自体も大ヒット作の風格を兼ね備えた傑作に仕上がっていると思う。
全体的にはアコギを中心に楽曲が組み立てられており、美しいメロディーラインが際立つような魅力的な楽曲が並んでおり、1曲目の「One」からグッと引き込まれる。
メロディーメイカーぶりはさることながら 美しくも力強いヴォーカルはシンプルなアコギサウンドには凄くマッチする。

そして シットリしてるだけじゃなく
演奏にはメリハリがあって余韻に浸れることができるような心地よい空白部分があり、思わずアコギを弾きたくなるような魅力も兼ね備えている。

また「Sing」のようなR&Bやヒップホップよりのテイストの楽曲もあり、アルバムの中でも良いアクセントとして機能しており、聞かせる様なミディアムチューンとはまた違った魅力があって良い。ラップも様になってるし、アコギの演奏も凄い もう何処をとっても一流で文句のつけようが無いんじゃないかって勢いだ

CDが売れない時代にこんだけ売れるのも納得の完成度。
日本ではイマイチ売れてないみたいだけど 日本人が好きそうな輪郭のはっきりとしたメロディーラインなので洋楽に馴染が無い人でもハマるんじゃないかな?
おススメです。


評価
98点

Thinking Out Loud



Sing



I'm A Mess




posted by Shouta at 17:43| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

Weezer「Pinkerton」レビュー

Pinkerton - Weezer
Pinkerton - Weezer

ピンカートン<デラックス・エディション> - ウィーザー
ピンカートン<デラックス・エディション> - ウィーザー

1996年9月24日発売


曲目
1. Tired Of Sex
2. Getchoo
3. No Other One
4. Why Bother?
5. Across The Sea
6. The Good Life
7. El Scorcho
8. Pink Triangle
9. Falling For You
10. Butterfly


順位
・19位(US)
・43位(UK)

売上
・85万枚(US)
・160万枚(全世界)


レビュー
・Weezer 2ndアルバム。
ジャケットには浮世絵が使用されている今作は日本では評価されたものの、アメリカでは思ったほど売れず、失敗作扱いされてしまった。のちに再評価され、デラックスエディションが発売されている。
なお今作を最後にベーシストであるマットが脱退、バンドの活動も休止状態となり次回作まで5年の歳月を要することになる。

1曲目がいきなりへヴィなサウンドで「おっ!?」とちょっと身構えてしまったけど
アルバム全体の印象は前作とそこまで変わらず、へヴィなサウンドの中にもキャッチーなメロディーラインが光って聞こえて凄く良い
ただミックスがラフなのか なんなのかはよくわからないけどサウンドが前作に比べるとかなり重厚。ギターも残響音がガッツリ残してあって、音がトゲトゲしい。ちょっとグランジっぽさも漂ってる感じで今作に比べると前作は凄くポップに仕上がっていたな〜と思う。

ただ
個人的には今作の方が好き・・・かな?
楽曲は叙情的な美メロ全開。まさに油が乗り切った感じのソングライティングで、
それと対照的なへヴィなサウンドと もはや叫んでいる部分もある感情の籠ったリヴァースのヴォーカルは凄くエモーショナル。ここまで凄い熱量だとメロディーが埋まってしまうんじゃないかな?と思うんだけど 全然そんなことは無く、それぞれがキチンと存在感があってとても良いバランスになっている

「Buddy Holly」みたいな強烈な曲は無いけど アルバムトータルとしてはこちらの方が魅力的。



評価
88点

El Scorcho


Across The Sea


Butterfly

ラベル:Weezer CDアルバム
posted by Shouta at 12:33| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする