2015年08月15日

Arctic Monkeys「Humbug」レビュー

Humbug - Arctic Monkeys
Humbug - Arctic Monkeys


2009年8月24日発売


曲目
1.My Propeller
2.Crying Lightning
3.Dangerous Animals
4.Secret Door
5.Potion Approaching
6.Fire And The Thud
7.Cornerstone
8.Dance Little Liar
9.Pretty Visitors
10.The Jeweller's Hands


順位
・1位(UK)
・16位(US)


売上
・40万枚(UK)


レビュー
・Arctic Monkeys 3rdアルバム。
前作から急速な変化。落ち着いたスローなナンバーが多めで楽曲の雰囲気もダークなモノになってて、サウンドが全体的にどっしり構えられていてかなり渋い
「AM」への路線が今作から始まったということが分かるが、
前作では「Brianstorm」「Fluorescent Adolescent」のようなアンセム的な楽曲が結構あったのに
今作はどれも横並びに聞こえて楽曲単位ではそんなに耳に残らない。キャッチーさが随分と抜けた気がする
あとアップテンポの楽曲が皆無に等しい。アクモンは高揚感が得られるスピード早めのナンバーが"らしさ"と思ってる人もたぶん多いと思うけどそういうのはゼロ
発売当時賛否両論だったのも納得な内容だ。1st,2ndのようなものを期待したら裏切られると思う。
しかし何度も聞いてなれてくるとこのどっしりと構えたロックサウンドが今までのアクモンとは一線を画していて凄くカッコいい。「My Propeller」「Crying Lightning」のサウンドの重厚さは物凄いと思う。
パッと聞くと地味だし、良さは分かりづらいけど「Cornerstone」のような美メロバラードもあるし、やっぱり捨て置けない良作だなぁ。

あと
ヴォーカル・アレックスの髪型が良く変わることで知られているけど個人的にはHum bug期の彼が一番カッコいいと思う。



評価
85点


Crying Lightning


Cornerstone


posted by Shouta at 23:00| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする