2015年08月27日

Ed Sheeran「X」レビュー

X - Ed Sheeran
X - Ed Sheeran

X (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition) - Ed Sheeran
X (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition) - Ed Sheeran
2014年6月20日発売


曲目
1.One
2.I'm a Mess
3.Sing
4.Don't
5.Nina
6.Photograph
7.Bloodstream
8.Tenerife Sea
9.Runaway
10.The Man
11.Thinking Out Loud
12.Afire Love

デラックス・エディション
13.Take It Back
14.Shirtsleeves
15.Even My Dad Does Sometimes
16.I See Fire
17.All of the Stars


売上
・200万枚(UK)
・170万枚(US)
・700万枚(全世界)

順位
・1位(US,UK他多数)


レビュー
・Ed Shheeran 2ndアルバム。
プロデューサーにはリック・ルービンやファレル・ウィリアムスなどの錚々たるメンバーが担当しており、前作以上の成功を収めた。

今作はとにかく大ヒットしてる1作で
発売1年以上たった今でも本国イギリスではTOP10入りするほどロングヒットしてて
前々から気になっていたので レンタル解禁になったのを見計らって聞いてみました。

「Happy」が大ヒットしたファレル・ウィリアムス、レッチリやアデルの大ヒット作を手掛けた売れっ子プロデューサー、リック・ルービンがプロデュースしているだけあって大ヒット確定!みたいなものは感じるけど(笑)
アルバムの内容自体も大ヒット作の風格を兼ね備えた傑作に仕上がっていると思う。
全体的にはアコギを中心に楽曲が組み立てられており、美しいメロディーラインが際立つような魅力的な楽曲が並んでおり、1曲目の「One」からグッと引き込まれる。
メロディーメイカーぶりはさることながら 美しくも力強いヴォーカルはシンプルなアコギサウンドには凄くマッチする。

そして シットリしてるだけじゃなく
演奏にはメリハリがあって余韻に浸れることができるような心地よい空白部分があり、思わずアコギを弾きたくなるような魅力も兼ね備えている。

また「Sing」のようなR&Bやヒップホップよりのテイストの楽曲もあり、アルバムの中でも良いアクセントとして機能しており、聞かせる様なミディアムチューンとはまた違った魅力があって良い。ラップも様になってるし、アコギの演奏も凄い もう何処をとっても一流で文句のつけようが無いんじゃないかって勢いだ

CDが売れない時代にこんだけ売れるのも納得の完成度。
日本ではイマイチ売れてないみたいだけど 日本人が好きそうな輪郭のはっきりとしたメロディーラインなので洋楽に馴染が無い人でもハマるんじゃないかな?
おススメです。


評価
98点

Thinking Out Loud



Sing



I'm A Mess




posted by Shouta at 17:43| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする