2015年09月30日

Aimer「DAWN」レビュー

DAWN (初回生産限定盤A)(Blu-ray付) - Aimer
DAWN (初回生産限定盤A)(Blu-ray付) - Aimer

DAWN (初回生産限定盤B)(DVD付) - Aimer
DAWN (初回生産限定盤B)(DVD付) - Aimer

DAWN - Aimer
DAWN - Aimer
2015年7月29日発売

曲目
1.MOON RIVER -prologue-
2.Believe Be:leave
3.君を待つ
4.broKen NIGHT
5.Noir! Noir!
6.Re:far
7.AM04:00
8.誰か、海を。
9.LAST STARDUST
10.Brave Shine
11.キズナ
12.DAWN
13.MOON RIVER


順位
・4位

売上
・初動 2.3万枚


レビュー
・Aimer 3rdアルバム。
前作から1年ぶりのアルバムで、シングル3枚(ダウンロード含む)とEPから楽曲を収録している。

アニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」の2期OPだった「Brave Shine」が良かったのと新しいアーティスト開拓のためにアルバムを聞いてみた。
「Brave Shine」しか知らなかったのでちょっと濃ゆい世界観のアニソンアルバムなのかな〜と勝手に思っていたんだけど、その予想がガッツリ裏切られた。

「Brave Shine」こそキャッチーなメロでどことなくエモっぽい雰囲気が漂う楽曲なんだけど、こういう楽曲はあんまり無い。
ヴォーカルが女性にしては少し重みというか陰の部分があって メロディーラインが爽やかでポップな感じの曲があってもちょっと暗い部分を感じる。そもそもの歌詞が抽象的&内省的な感じ。
特に「誰か、海を。」は詞もメロディも徹底的に暗いミディアムチューン(これがミニアルバムの表題曲なんだからビックリ)で胃もたれしそうなくらい濃い。

割とスッキリしたポップソングもあったり、ストレートなバラードもあったりして曲の幅は広いんだけど
ヴォーカル自体が暗い感じなので必然的にアルバムとしての作風も暗いものになってる。
「Brave Shine」を入口に入ってきたアニメファンはその重い作風にちょっとビックリするんじゃないかな
それでもアルバムがラストに向かっていくにつれて徐々に光が見えてくるような構成は結構良い。10に配置されてる「Brave Shine」まで来るとようやくここまで来たか・・・といった達成感も。パッと聞いて重い作品だけど、聞きこむとこの重さもなかなか癖になってくるものだ。



評価
85点

Brave Shine




ラベル:CDアルバム Aimer
posted by Shouta at 19:39| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

Weezer「Weezer(The Green Album)」レビュー

Weezer (Green Album) - Weezer
Weezer (Green Album) - Weezer

ザ・グリーン・アルバム - ウィーザー
ザ・グリーン・アルバム - ウィーザー


2001年5月15日発売

曲目
1.Don't Let Go
2.Photograph
3.Hash Pipe
4.Island In The Sun
5.Crab
6.Knockdown Dragout
7.Smile
8.Simple Pages
9.Glorious Day
10.O Girlfriend
ボーナストラック
11.The Christmas Song
12.I Do


順位
・4位(US)
・31位(UK)

売上
・160万枚(US)
・360万枚(全世界)


レビュー
・Weezer 3rdアルバム。
ベースのマットが脱退し、活動休止してから5年ぶりの復帰作。USでミリオンを記録、全世界では300万枚を超える売り上げを記録し、Weezerの人気を再燃させた。

2ndがセルフプロデュースで失敗したこと(現在では再評価されている)からか1stでプロデューサーを担当していたリック・オケイセックが再度プロデューサーを担当している

ハードな音づくりだった前作から一転、かなりポップで聞きやすいサウンドに変化している。無駄とは言わないけれど1st,2ndはサウンドの激しさがメロディーを邪魔してる楽曲も中にはあった。しかし今作はそういうのがだいぶ軽減されてちょうどいいロックサウンドになっている。
またアルバム全体に渡ってWeezer独特の泣きメロが炸裂しており、特にシングルの「Island In The Sun」なんかはこの中で"らしさ"全開でガッツリ聞かせるモノになっている。

非常にJ-POP的で輪郭のあるメロディーなので日本ウケが良いのも納得だ。
かといってポップに振り切っている感じでも無く、ハードロックなリフも多くみられポップとロックのバランスが絶妙だ
前作のようなエモーショナルさは今作からは感じないけれど、それ以上にアルバムとしての完成度がグンと高くなった。

今作がWeezerの中でもとりわけ人気が高いのも納得の1枚。


評価
95点

Hash Pie



Photograph





ラベル:Weezer CDアルバム
posted by Shouta at 10:49| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

DEEN「LOVERS CONCERTO」レビュー

LOVERS CONCERTO - DEEN
LOVERS CONCERTO - DEEN


2009年12月2日発売


曲目
1.Negai feat.ミズノマリ from paris match
2.セレナーデ
3.五線紙のラヴソング feat.宮本笑里
4.Gloy Day feat.イトウシュンゴ
5.Celebrate
6.harukaze feat.paris match
7.君去りしクリスマス
8.幸せになろう
9.そばにいるから feat.武沢侑昴・矢萩渉
10.A Lover's Concerto (Instrumental)
11.星降る夜、この星で


順位
・21位


レビュー
・DEEN 17thアルバム。
前作「DEEN NEXT STAGE」から9か月という短いスパンでリリースされた。
全曲ラブソングで構成されており、ゲストとしてさまざまミュージシャンを迎えての制作となった。

「永遠の明日」を筆頭にDEENらしいアルバムとなった前作「DEEN NEXT STAGE」から1年も経たずにリリースされた今作。
全曲ラブソングというコンセプト付きなので「全曲シットリとしたのんびりバラードなのかなぁ〜」って勝手に思っていたけれどもそんな不安も杞憂だった。
ラブソングとしながらも非常に多彩な色を見せるアルバムとなっていた。
シングルでも「Negai」では失恋を、「Celebrate」では結婚をテーマに歌っており、恋愛の中のいろいろな場面を切り取った意味合いでのラブソングアルバムなんだなぁ〜と思う。

ゲストミュージシャンを迎えることで楽曲に新たな風を吹き込んでいて、新鮮味もある。楽曲自体も力が入っててサビのメロディーもいつになくキャッチーで耳に残る
「永遠の明日」にしろ、「Celebrate」にしろこの時期のDEENは2回目の全盛期・・・とまでは言わなくてもかなりノリに乗ってる印象を受けた。

リリースが12月なので季節感として冬っぽく、全体的に心が暖かくなるような優しさを感じる。
全盛期のDEENしか知らない人でも今作ならスンナリ受け入れるんじゃないかなと思わせる傑作だ。


評価
97点

Celebrate


Negai feat. ミズノマリ



ラベル:CDアルバム DEEN
posted by Shouta at 21:06| Comment(2) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする