2015年09月15日

早見沙織「やさしい希望」レビュー

やさしい希望<アーティスト盤> CD+DVD(2枚組)  (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織
やさしい希望<アーティスト盤> CD+DVD(2枚組) (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織

やさしい希望<アニメ盤> CD+DVD(2枚組)  (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織
やさしい希望<アニメ盤> CD+DVD(2枚組) (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織

やさしい希望<通常盤> CD(1枚組)  (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織
やさしい希望<通常盤> CD(1枚組) (TVアニメ「赤髪の白雪姫」オープニングテーマ) - 早見沙織
2015年8月12日発売

曲目
1.やさしい希望
2.ブルーアワーに祈りを
3.Bright Hopes
4.やさしい希望(TV EDIT )


順位
・11位


レビュー
・声優 早見沙織のデビューシングル。
声優はキャラソンやら主題歌やらで歌手デビューしなくても歌を歌う機会は結構あって、彼女も歌手デビュー前から色々歌っておりその歌唱力には定評があった(らしい)。満を持しての歌手デビューなのかな?
確かに歌は普通に上手い。歌声が綺麗で透き通ってるし、高音も伸びやか。
こういう声が映えるのはバラード曲なんだけど、シングル曲は残念ながらバラードでは無いです。

「やさしい希望」
TVアニメ「赤髪の白雪姫」のOPで曲調は爽やかでサウンドもスッキリとしていて透明感あふれるポップス。実は彼女自身が作詞を担当している。
普通に良い曲だけど、今までのアニメのOPに使われてそうなデジャブもちょいちょい感じる。それだけスタンダードな楽曲であるっていうことでもあるけれど。

「ブルーアワーに祈りを」
ピアノメインのしっとり聞かせるバラード。
癖が無くスッキリとした歌声を綺麗に響かせてくれる。表題曲よりもこっちの方が伸びやかに歌ってる感じだし、声質的にもバラードが合ってて彼女の歌声の良さをより感じられると思う。シングルのメインはどっちかというこっち。
若干倖田來未の「Moon Crying」に似てる感はあるけれど・・・まぁいいか!

「Bright Hopes」
まさかの「やさしい希望」の英語詞Ver.
英語詞になったくらいでは特に印象は変わらず、発音はともかく日本語とメロディーと歌詞の置き方が違うし歌いにくそうだな〜っていう印象。



評価
84点


やさしい希望



ブルーアワーに祈りを




posted by Shouta at 23:05| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

Travis「The Invisible Band」レビュー

The Invisible Band - Travis
The Invisible Band - Travis

インヴィジブル・バンド - トラヴィス
インヴィジブル・バンド - トラヴィス
2001年6月11日発売


曲目
1. Sing
2. Dear Diary
3. Side
4. Pipe Dreams
5. Flowers In The Window
6. The Cage
7. Safe
8. Follow The Light
9. Last Train
10. Afterglow
11. Indefinitely
12. The Humpty Dumpty Love Song

ボーナストラック
13.Ring Out The Bell
14.You Don't Know What I'm Like
15.Beautiful


順位
・1位(UK)
・39位(US)


売上
・300万枚(全世界)


レビュー
・Travis 3rdアルバム。
前作に続いて大ヒットを記録。特に「Sing」はバンド最大のヒット曲となった。

基本的には前作と同様、美しいメロディーラインを活かした繊細な曲作りが為されている。
ただ前作よりかはロックバンドとしてのTravisは一歩引いた感じでアコースティックでシンプルなサウンドが目立つ楽曲が多い
なので「Turn」のような力強いロックアンセムは今作には無い。もっと言えば一発で耳に残るようなインパクトのある楽曲は無いかもしれない。

その代わりに楽曲一つ一つのアレンジや音が研ぎ澄まされ、楽曲としての質を格段に高められている。インパクトは無いかもしれないが、今回強調されたアコースティックなサウンドが元々素晴らしかった彼らの曲を自然に心に染みるような優しい楽曲に仕上げており、アルバムとしてもより洗練された美しさを感じる
また優しくしっとり聞かせる曲だけじゃなくて、随所にポップな仕上がりの楽曲も配置してあり、アルバムとしてのメリハリもキチンとあって聞きやすく
ラスト曲はストリングスを交えてのアレンジで、楽曲を盛り上げるのではなくアルバムラストとしてのフィナーレを演出するようなアレンジでじっくり余韻に浸れる仕上がりにもなっている。

過度なアレンジは無く、しっとりとしたメランコリックな世界に連れて行ってくれるそんなアルバム。
ギターガンガンなるロックに疲れた人はおススメ


評価
89点

Sing


Flowers in the Window


Side
posted by Shouta at 23:30| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

金色のガッシュベル! 全OP,EDレビュー part2


◎4th ED
『イデア』 / 天野月子

<76話 - 100話>

「金色のガッシュベル!!」4th ED.
ちょうど石版編がクライマックスになる辺りに使われており、物語的にもシリアスになっていく場面だったのでこの曲のカッコ良さは凄く似合ってる
楽曲単体としても良い曲で 張りのあるヴォーカルと何処かノスタルジックな感じのメロディ、それと相反するようなロックなサウンドがよくマッチしている。
ファウード編もこのくらいカッコいい曲がEDだったらよかったのに・・・。
それにしてもEDは静止画が多いなぁ・・・映像が全然動かない



◎3rd OP
『見えない翼』 / 谷本貴義

<101話 - 150話>

「金色のガッシュベル!!」3rd OP.
ファウード編から最終回まで使用されていた。
今までのOPよりもだいぶポップになったなぁと。基本的には「君にこの声が届きますように」に通じる王道アニソンって感じだけど、もっと熱いロックでも良かったなぁと思う。でも ガッシュらしさは感じる曲で映像単体だとOPの中でも一番カッコいい出来だ

実際に流れてるテレビでヴァージョンだと術の効果音とかも入っててだいぶ興醒めな感じ。
ファウード編はそれこそ今まで出てきたキャラのラストが多く描写されている長編なんだし、その辺も考慮してほしかったかも。





◎5th ED
『今日より明日は』 / えちうら

<101話 - 125話>

「金色のガッシュベル!!」5th ED.
ちょうど長編と長編の中休み的時期のEDだったので 割と日常的な描写が多かったこの頃にはピッタリな明るいポップスだと思う
例によって静止画メイン。
だけど4thEDの「イデア」みたいに割と静止画を揺らすだけ!とかよりはだいぶマシで、回転ドアみたいに静止画が切り替わっていくので見てて結構楽しい。
あと何気に一番馴染のあるED映像だったりする。石版編からこの辺りがよくアニメを見ていたのかな〜と思う。



◎6th ED
『★遊FEVER★』 / 篠原ともえ

<126話 - 149話>

「金色のガッシュベル!!」6th ED.
ファウード編はほぼこれがEDとして使われていたんだけど、
完全に作品における展開を無視した突き抜けた楽曲
作中の展開的にはラストに向かっていくにつれて仲間が激闘を繰り広げていて その別れも結構描いているはうずなのに・・・
ポップス・・・なんだけど打ち込みにチープな音にでかなり不思議ちゃん的なテイストも入っていて果てしなくこれじゃない感が強い。歌詞もかなり子供目線だし、NHKのタイアップでも付いてそうだぞ、これ!

まぁ この頃になるとガッシュたちの日常の描写が皆無になるわけだし
そういう意味では本編とEDでつり合いは取れていたのかもしれない・・・
褒めるところと言えば完全アニメーションというところ。静止画を動かすだけといったお手軽EDではないので映像的には結構面白い。

posted by Shouta at 23:11| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする