2015年09月11日

Travis「The Invisible Band」レビュー

The Invisible Band - Travis
The Invisible Band - Travis

インヴィジブル・バンド - トラヴィス
インヴィジブル・バンド - トラヴィス
2001年6月11日発売


曲目
1. Sing
2. Dear Diary
3. Side
4. Pipe Dreams
5. Flowers In The Window
6. The Cage
7. Safe
8. Follow The Light
9. Last Train
10. Afterglow
11. Indefinitely
12. The Humpty Dumpty Love Song

ボーナストラック
13.Ring Out The Bell
14.You Don't Know What I'm Like
15.Beautiful


順位
・1位(UK)
・39位(US)


売上
・300万枚(全世界)


レビュー
・Travis 3rdアルバム。
前作に続いて大ヒットを記録。特に「Sing」はバンド最大のヒット曲となった。

基本的には前作と同様、美しいメロディーラインを活かした繊細な曲作りが為されている。
ただ前作よりかはロックバンドとしてのTravisは一歩引いた感じでアコースティックでシンプルなサウンドが目立つ楽曲が多い
なので「Turn」のような力強いロックアンセムは今作には無い。もっと言えば一発で耳に残るようなインパクトのある楽曲は無いかもしれない。

その代わりに楽曲一つ一つのアレンジや音が研ぎ澄まされ、楽曲としての質を格段に高められている。インパクトは無いかもしれないが、今回強調されたアコースティックなサウンドが元々素晴らしかった彼らの曲を自然に心に染みるような優しい楽曲に仕上げており、アルバムとしてもより洗練された美しさを感じる
また優しくしっとり聞かせる曲だけじゃなくて、随所にポップな仕上がりの楽曲も配置してあり、アルバムとしてのメリハリもキチンとあって聞きやすく
ラスト曲はストリングスを交えてのアレンジで、楽曲を盛り上げるのではなくアルバムラストとしてのフィナーレを演出するようなアレンジでじっくり余韻に浸れる仕上がりにもなっている。

過度なアレンジは無く、しっとりとしたメランコリックな世界に連れて行ってくれるそんなアルバム。
ギターガンガンなるロックに疲れた人はおススメ


評価
89点

Sing


Flowers in the Window


Side
posted by Shouta at 23:30| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする