2015年09月19日

Fall Out Boy「Save Rock and Roll」レビュー

Save Rock & Roll - Fall Out Boy
Save Rock & Roll - Fall Out Boy

セイヴ・ロックンロール~パックス・アム・エディション - ARRAY(0xf85a408)
セイヴ・ロックンロール~パックス・アム・エディション - ARRAY(0xf85a408)

セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言! - ARRAY(0xf0506f8)
セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言! - ARRAY(0xf0506f8)
2013年4月16日発売

曲目
1. The Phoenix
2. My Songs Know What You Did in the Dark (Light Em Up)
3. Alone Together
4. Where Did the Party Go
5. Just One Yesterday (featuring Foxes)
6. The Mighty Fall (featuring Big Sean)
7. Miss Missing You
8. Death Valley
9. Young Volcanoes
10. Rat a Tat(featuring Courtney Love)
11. Save Rock and Roll(featuring Elton John)

順位
・1位(US)
・2位(UK)

売上
・80万枚(US)


レビュー
・Fall Out Boy 5thアルバム。
2009年の無期限活動休止からの復帰作となる。今作は全米1位を記録、売り上げでも前作を大きく上回り、FOBの復活を印象付けることになった。
なお国内盤のリリースは一度延期しており、本来のジャケ写を赤いシートで隠すような処置がとられた(未成年の少年がタバコを吸っている写真であるため)。

活動休止を挟んでの新作。
全体的な印象から言ってしまうと1stの頃のようなパンキッシュな感じは殆ど無く、もっと言うとロックバンドらしさもそこまで感じない。音数も少な目になってるっぽいし、フューチャリングという形で色々なミュージシャンを迎えている部分も少なからず楽曲に変化や影響を与えている。

作風としてもカントリー、ダンスミュージック、R&Bなどのジャンルの要素を取り込んでいて彼らの作品の中でもかなり異色なアルバムのような気もする。
でもよく考えてみると3rdもロックバンドに捕らわれないいろんなアプローチを楽曲でやっていたのでその進化形と考えるとしっくりくる。
バンド感が無くなったといってもFOBらしさが無くなったというわけでも無く、相変わらず楽曲もヴォーカルもエモい感じだし
楽曲から感じる熱量やサウンドの緻密さは今まで以上。
前述の通りいろんなジャンル、いろんなアーティストを迎えているのでアルバムとしてはまとまりが無く、取っ散らかった感じもしなくもないけれどこの多彩さもFOBらしさなのでこれはこれでOK。

復活第1作目としては十分すぎる新鮮さとインパクトを持った1作でしょう。
それにしてもパトリック、痩せたなぁ・・・(笑)

評価
85点

My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)



The Phoenix



Alone Together


posted by Shouta at 12:19| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする