2015年10月17日

Michael Jackson「Dangerous」レビュー

Dangerous (Spec) - Michael Jackson
Dangerous (Spec) - Michael Jackson


1991年11月26日発売


曲目
1.Jam
2.Why You Wanna Trip On Me
3.In The Closet
4.She Drives Me Wild
5.Remember The Time
6.Can't Let Her Get Away
7.Heal The World
8.Black Or White
9.Who Is It
10.Give In To Me
11.Keep The Faith
12.Will You Be There
13.Gone Too Soon
14.Dangerous


売上
・3200万枚

順位
・1位(UK,US多数)


レビュー
・Michael Jackson 8thアルバム。
新たにテディー・ライリーをプロデューサーとして迎えて製作された。
ライリーの提唱するスタイル「ニュージャックスウィング」を推し進めた路線となっている。
発売当時は前作「Bad」を上回る売り上げを記録していており、クインシーからの独り立ちを世界にアピールする結果になった。
(現在は「Bad」は4500万枚売り上げ、今作を上回っている)

前作の古臭さを打ち込みサウンドはだいぶ改善されており、R&Bに急接近したサウンドが特徴的
特に1~6はファンクっぽさを兼ね備えつつ、重いグルーヴを感じる楽曲が多く、※ニュージャックスウィングの色が強い
※ファンクにヒップホップ的手法を組み合わせ、そこにソウルやゴスペル的メロディー・ハーモニーのセンスを加味もの (wikipediaより)
キャッチーで普遍的な楽曲は無いけれど かなり聞きごたえがあって好きだ。



7「Heal The World」、8「Black Or White」とシングルカット曲を置いて
後半は壮大なアレンジとキャッチーなメロが目立つキングオブポップな楽曲がズラリと並ぶ構成
スラッシュ参加のロック色強めの「Give In To Me」にゴスペルチックなコーラスが特徴的な「Will You Be There」、血液製剤からエイズに感染し、生涯を通じて厳しい偏見や差別と闘ったライアン・ホワイトに送ったバラード「Gone Too Soon」など長尺曲が多いながらも多彩。

この後半のせいでアルバム全体も1時間17分とかなりの長さになっているんだけど、
これもこれで聞きごたえがある。

超大作!な仕上がり
でかなりの重量感もあるのでさらっと聞き流せる感じでは無い。
それでも聞き込むとかなりの作り込みと完成度を感じられる、そんな1作。



評価
90点

Black Or White



Heal The World



Remember The Time



posted by Shouta at 21:06| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする