2015年10月29日

Weezer「Weezer (Red Album)」レビュー

Weezer (Red Album) - Weezer
Weezer (Red Album) - Weezer

ザ・レッド・アルバム~デラックス・エディション(DVD付) - ウィーザー
ザ・レッド・アルバム~デラックス・エディション(DVD付) - ウィーザー

ザ・レッド・アルバム~クリスマス・エディション(初回限定生産) - ウィーザー
ザ・レッド・アルバム~クリスマス・エディション(初回限定生産) - ウィーザー
2008年6月3日発売


曲目
1.Troublemaker
2.The Greatest Man That Ever Lived (Variations on a Shaker Hymn)
3.Pork and Beans
4.Heart Songs
5.Everybody Get Dangerous
6.Dreamin'
7.Thought I Knew
8.Cold Dark World
9.Automatic
10.The Angel and the One
ボーナストラック
11.The Weight
12.Life Is What You Make It
13.メリクリ(日本語ヴァージョン)


順位
・4位(US)

売上
・45万枚(US)
・62万枚(全世界)


レビュー
・Weezer 6thアルバム。
1st,3rdに続き3作品目となるセルフタイトルアルバムとなっている。またジャケットの色から「レッドアルバム」と呼ばれている。

プロデューサーは前作同様 リックルービン。
路線としてはスタジアムロック路線の前作を踏襲する感じでは無く、4人組ロックバンドWeezerとしての最大公約数的なアルバムとなっている
先行シングルである「Pork and Beans」はWeezerど真ん中の楽曲だけど
今までメインライターだったリヴァース・クオモ以外のメンバーが手掛け、リードヴォーカルと取った楽曲もあり、楽曲に幅を持たせている。
今まで通りリヴァースが手掛けた曲でも「The Greatest Man That Ever Lived (Variations on a Shaker Hymn) 」は合唱にテンポの緩急など変化が激しい展開だったり、ハードロックテイストでリズム感が気持ちいい「Everybody Get Dangerous」などが揃っており、らしさもありつつ今まで無かった要素が盛りだくさんなアルバムになっている
セルフタイトルアルバムなのでメンバー自体も自信作!として出したんだと思うんだけど、確かに聞きやすく完成度も高い1作だと思う。

ただ先行シングルでWeezerらしい曲を出しておきながら
中身を見たら 新しい風を吹き込んだ作風だったので 今作の評価は賛否両論だったりする。
まぁ突然リヴァース以外が曲作っちゃったらダメな人はダメだよなぁ。

ちなみに日本盤ボーナストラックにはBOA「メリクリ」のカバーが収録している。リヴァースはのちにスコット・マーフィーと共に全編日本語詞アルバムを出すくらいなんだけど、この時はまだ日本語もたどたどしい感じ。
ただWeezerとして歌っても様になるメロディーだなぁとは思った。


評価
95点

Pork and Beans



Troublemaker


Everybody Get Dangerous

posted by Shouta at 23:52| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする