2015年11月20日

Michael Jackson「MICHAEL」レビュー

Michael - MICHAEL JACKSON
Michael - MICHAEL JACKSON

2010年12月15日発売

曲目
1.Hold My Hand
2.Hollywood Tonight
3.Keep Your Hand Hand Up
4.(I Like) The Way You Love Me
5.Monster
6.Best Of Joy
7.Breaking News
8.(I Can't Make It) Another Day
9.Behind The Mask
10.Much Too Soon


順位
・3位(US)
・4位(UK)


売上
・54万枚(US)


レビュー
・Michael Jacksonのアルバム。
マイケルは2009年に死去しており、彼が残した音源をもとにして制作されたアルバム。
マイケル・ジャクソン・エステートとソニー・ミュージックは向こう7年間で、マイケルの未発表曲を中心としたアルバム10枚のリリースの契約をしており、その第一弾となる。

端的に言えば
未発表曲をこのプロジェクトに参加した様々なプロデューサーが完成品に仕上げたというもの。
「未発表だったのには理由がある」とか「マイケルの意志じゃないリリースだ!」とか色々言われてるけど
完全にボツを食らってた曲ならともかく死ぬまで制作を続けていた楽曲もあるのでその辺りはなんとも言い難い感じ。
一応は「完成品として聞ける楽曲」には仕上がっているんだけど、結果的にどの曲もマイケルが制作に全面的に関われなかったのでプロデューサーの意向が強く出てる印象を受ける。
それが顕著なのは全体的な印象。今までにないくらい明るく晴れやかなモノで今までにない作風でポップな曲も多いのでスンナリと聞けてちょっと拍子抜けした、現代的な味付けをしすぎかなぁ・・・。

それでも楽曲自体は「これが未発表!?」と驚くようなものばかり。参加してるアーティストもエイコン、レニークラヴィッツなどと豪華。
もともと完璧主義者でアルバム毎に何百という曲を用意してて、かつ死ぬまでの9年間リリースが無かったんだからそれなりの楽曲はあるんだろうなぁとは思っていたけどここまでとは。
こうなるとこれをお蔵入りさせるのは勿体ないなぁと思わざるを得ない。特に「Hollywood Tonight」なんかはなかなかの名曲。


最後に
私は故人の未発表音源をリリースするのは肯定的
そこには故人の意向が反映されないので「やめてくれ」というのも分かるんだけど、私からするとマイケルが死んでしまった以上もうリアルタイムで新曲を聞くことが出来ない。
未発表曲であれリリースしてくれれば それをリアルタイムで新曲として受け取れる。マイケル没後にファンになった人に新曲を楽しみにする気持ちを与えてくれる、それだけでこのアルバム(今後リリースされるであろう未発表曲アルバム)は価値があると思います。



評価
83点

Hollywood Tonight


Hold My Hand

posted by Shouta at 22:33| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

fhana「コメットルシファー 〜The Seed and the Sower〜」レビュー

TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~ - fhana
TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~ - fhana

TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(アニメ盤) - fhana
TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(アニメ盤) - fhana
2015年10月28日発売

曲目
1.コメットルシファー 〜The Seed and the Sower〜
2.コスモスのように


順位
・55位


レビュー
・fhana 7thシングル。今作はアーティスト盤、アニメ盤の2種が用意され、C/Wの楽曲が異なる。
今回レビューするのはアニメ盤。

「コメットルシファー 〜The Seed and the Sower〜」
アニメ「コメット・ルシファー」OP。
疾走感あふれる曲で「fhanaらしい曲を!」ということで製作されたらしい。
前作「ワンダーステラ」はサビが普通な割にやたら凝った曲構成だったんだけど、この曲はど真ん中アニソン!って感じでパッと聞いて良い曲だなと思える。
ただ楽曲としてはストレートすぎるし、個性も強くないので個人的にはあんまりピンとこなかった。キーがやたら高くてヴォーカルがキンキン響くのもちょっと好きじゃない。


「コスモスのように」
アニメ「コメット・ルシファー」イメージソング。
ちょっとアンビエントっぽい雰囲気を持った静かな曲。展開も激しくないし、1曲目との落差が激しい。



評価
70点
1stアルバムを境に私の好みからどんどんずれていくんだけど・・・。


コメットルシファー 〜The Seed and the Sower〜

posted by Shouta at 22:28| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

Hello Sleepwalkers「Masked Monkey Awakening」レビュー

Masked Monkey Awakening - Hello Sleepwalkers
Masked Monkey Awakening - Hello Sleepwalkers


2014年2月19日発売

曲目
1.猿は木から何処へ落ちる
2.午夜の待ち合わせ
3.Bloody Mary
4.Comic Relief
5.砂漠
6.天地創造
7.23
8.越境
9.Countdown
10.円盤飛来


順位
・25位


レビュー
・Hello Sleepwalkers 2ndアルバム。
先行シングルとなった「午夜の待ち合わせ」はアルバム情報解禁時には収録リストに入っておらず、アニメのタイアップが決定したのと同時に追加収録された。

Hello Sleepwalkersは
youtubeで「月面歩行」っていう曲が宣伝されているので初めて知った。
ナイーブな男性ヴォーカルと骨太な女性ヴォーカルというのが印象深くなんとなく覚えていたんだけど、シングル「円盤飛来」以降は新曲がさっぱり出ず、徐々に関心も薄れてしまった。
その後アニメのタイアップがあり、バンドの名前が売れたものの アルバムに手を伸ばすまでではないかな〜と思っててスルーしてたんだけど この度レンタルの数合わせで(なんとも不純な動機w)レンタル。

先行シングルでアニメ「ノラガミ」のOPとなった「午夜の待ち合わせ」は3分ちょいで駆け抜ける激し目のロックチューン↓


リード曲「猿は木から何処へ落ちる」もこの系統の激し目の曲なので勝手に「9mmっぽいな〜」「こういう曲が多いバンドなんだな〜」という意識をもって聞いたんだけど
エレクトロニクス的なアプローチがなされ、ロックでありつつもダンスナンバーな一面も兼ね備えた楽曲が意外と多くて驚いた。
この辺りは共同プロデュースを行ったUKロックバンド、ハード・ファイのリチャードの影響が強いと思われるんだけど ダンスとロックの配分が絶妙な仕上がりになっていると思う。
他にもツインヴォーカルを活かしたメロディアスな楽曲や、トリプルギターならでは凝った音づくりなど、激しいロックだけじゃない!というのが感じられ、思ってた以上にポテンシャルの高いバンドなんだなぁと思った。
なによりメロディーが非常にキャッチーなので タイアップ次第ではまだ何発かヒットを飛ばせそうだ。


評価
87点

猿は木から何処へ落ちる



円盤飛来



アルバムダイジェスト





posted by Shouta at 17:43| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする