2015年11月16日

奥華子 ALLシングルレビュー part4



君の笑顔 -Smile selection- - 奥華子
君の笑顔 -Smile selection- - 奥華子
君の笑顔
配信限定でリリースされたのち、コンピ盤「君の笑顔 -smile selection-」に収録された。
震災後に2番以降が作られて完成した楽曲・・・なんだけどそこまで震災を意識してる感じの歌詞でも無い。
テレビから流れてくる、いろんなことに立ち向かっている人たちの姿を目の当たりにしたことをそのまま書いた」らしいんだけど、確かに震災に際しての曲だけどあんまり暗い、シットリした印象は全く感じない。状況に捕らわれない普遍的な応援歌に仕上がってると思う。
楽曲的には"ピアノ弾き語り"でサウンドがシンプルで詞がダイレクトに来るというのもあるかも

アルバム収録に際してストリングスアレンジが加えられているが、ベスト盤ではピアノ弾き語りVer.で収録されている。まぁ確かにストリングスVer.は良さを殺してたと思う。




素敵な道
コンピ盤「君の笑顔 -smile selection-」に収録された未発表曲。
20歳くらいに制作してた楽曲らしく、この曲もピアノ弾き語り楽曲。
色んな壁にぶつかって殻に籠ってた私がようやく前を向けるようになった、そんな曲でそこまで前向きというかどっちかというと暗くて曲展開も淡々としてて地味な印象もある。
でもシンプルだからこそ、詞がグッとくるし、暗い部分も歌ってるから前向きになれることに説得力も出ているんだと思う。
私が奥華子の中で一番好きな楽曲
このアルバムのために急ごしらえとして未発表曲を持ってきた感があるし、今の彼女はこんな内省的で暗い曲書かないので
今後こういう曲が出てこないと思うんだけど・・・それはちょっと残念だなぁ。


12thシングル シンデレラ
シンデレラ - 奥華子
シンデレラ - 奥華子
アルバム「good-bye」は「BIRTHDAY」以上に奥華子らしさから脱却を図っていたアルバムで、全体的にポップな味付けが目立っていた。
そこからのシングル「シンデレラ」もかつてないくらいバンドサウンドを強調した楽曲で、新鮮味が強い。アップテンポの曲がシングルっていうのは何気に初めて?
歌詞が「別れようと言ったのは別れたくないって聞きたかっただけなのに」というモノで男子からすると「うわっメンドくさっ!」と思われかねない・・・のがポイントで個人的にあんまり共感できない(苦笑)



good-bye - 奥 華子
good-bye - 奥 華子
愛してた
6thアルバム「good-bye」収録曲。
歌詞はいつも通りの奥華子らしい失恋ソングなんだけど、アレンジ面でバンドサウンド的な味付けがされていて今までの失恋ソングと比べてもちょっと違った雰囲気を持ってる楽曲だ。



奥華子BEST -My Letters- (通常盤) - 奥華子
奥華子BEST -My Letters- (通常盤) - 奥華子
愛を見つけた場所
ベスト「BEST -My Letters-」収録の新曲。
2015年のアニメ「響け!ユーフォニアム」で吹奏楽アレンジのこの曲が挿入歌として使用されたようでちょっとファンの中では話題になっていたり。選曲が渋いっ!

デビューシングル「やさしい花」に何となく歌詞のテーマが似通ってるな〜と思ってたら、「デビュー曲「やさしい花」から思いをつなげた、アンサーソングのような内容」とインタビューで言ってましたね。確かにアレンジもそれっぽく、奥華子らしい楽曲になってる。アルバム「good-bye」のモードが続いてるせいかアレンジもくどくなくスッキリしてて良い。


13thシングル 冬花火
冬花火 - 奥華子
冬花火 - 奥華子
ベスト盤発売後活動休止していたが、今作が復帰シングル。
今までも歌われてきた"伝えらない片想い"の歌。休止を挟んでるけど、歌詞的にはあまり変化は無い。ただサウンドがやたら重い・・・というか重厚。前作「good-bye」が不評だったのが影響してるのかな? メロもずっしりしてて抜けきらない感じで歌詞的にはそこまででも無いのに負の感情が強めに感じる




君と僕の道 (初回限定盤) - 奥華子
君と僕の道 (初回限定盤) - 奥華子
blue green
7thアルバム「君と僕の道」収録曲。
サウンドとアレンジがとても重たくて作風もどことなく暗いこのアルバムでは一際目立つのがこの曲。
キーボード中心にバンドサウンドも入りつつ・・・って感じなんだけど何処かつかみどころが無くフワフワしてるサウンドでとにかくらしさのカケラもない曲。一言で言えば変な曲だけど、それで片づけるのも勿体ない感じもする。



14th シングル 君がくれた夏
君がくれた夏 - 奥華子
君がくれた夏 - 奥華子
月9主題歌だった家入レオの同名曲にすっかり押し込められてしまった感の強い・・・。
映画『あしたになれば。』の主題歌で映画の方が青春ものとのことで、どこか名曲「ガーネット」を彷彿とさせるバラード。「ガーネット」系統の曲は割と少ないのでちょっと懐かしい気分で最初は聞いた記憶がある。「ガーネット」ほどではないにしても良い曲だと思う。





15th シングル 楔-くさび-
楔 -くさび- - 奥華子
楔 -くさび- - 奥華子
インディーズ時代の名曲でメジャーでは音源化してこなかった「楔-くさび-」。youtubeでは(違法動画だけど)再生回数はダントツこの曲が多い。
ここに来てようやくのリメイクだけど原曲が名曲なのでよっぽど変ないじり方をしない限り 良さは変わらないんだろうなと思ってた。
その期待通り無駄なアレンジもせず、インディーズ時代の音源をそのままブラッシュアップしたような出来になっていて満足!
奥華子真骨頂にして原点の失恋ソング





花火
花火 - 奥華子
花火 - 奥華子
こっちもインディーズ時代の曲でこちらはシングルのみ収録だったので音源入手が大変だった1曲。
「楔-くさび-」のC/wとしてこの曲もメジャーでリメイクされたんだけど・・・原曲をちゃんと聞いたことないのでどんなアレンジされたかあんまり分からん・・・。
曲に関してはこのMVを見れば分かると思うけど 花火大会のアレです。





posted by Shouta at 23:44| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

Michael Jackson「Invincible」レビュー

Invincible - Michael Jackson
Invincible - Michael Jackson

インヴィンシブル - マイケル・ジャクソン
インヴィンシブル - マイケル・ジャクソン


2001年10月30日発売


曲目

1.Unbreakable
2.Heartbreaker
3.Invincible
4.Break Of Down
5.Heaven Can Wait
6.You Rock My World
7.Butterflies
8.Speechless
9.2000 Watts
10.You Are My Life
11.Privacy
12.Don't Walk Away
13.Cry
14.The Lost Children
15.Whatever Happens
16.Threatened


順位
・1位(UK、US)


売上
・230万枚(US)
・1300万枚(全世界)


レビュー
・Michael Jackson 10枚目のアルバム
「HIStory」以来6年ぶりのアルバム(その間にリミックスアルバム「Blood On The Dance Floor」をリリースしている)で、結果的にマイケル存命中にリリースされた最後のアルバムとなっている。
今作のリリースにおいてマイケルとソニーとの関係が悪化し、そのせいで今作のプロモーションも思ったように行かず、アルバムのセールスも今までに比べると伸び悩んだ。

マイケルジャクソン生前最後のアルバム。なのに扱いがあまり良くなく(ベスト盤に選曲されない等)、知名度もそんなに高くないという・・・。
チャート的にもヒットしたといえる曲が無い感じなので確かに微妙な立ち位置のアルバムなのかな〜という気もしなくもない。
アルバム自体もミディアム〜バラードだけで構成されている
のでパッと聞くとかなり地味な印象を受ける作品。・・・なんだけど聞きこんでいくと今までとは違った魅力が感じられる。

「You Are My Life」「Heaven Can Wait」「Cry」などは過度な装飾せずに徹底的に美しいメロディーを活かしたバラードで今までの作品以上に優しい仕上がりになっており、もうここまでくると幻想的ですらある。
一方でガッツリビートの効いたダンスナンバーもあり、「Unbreakable」「You Rock My World」ではカッコいい一面も強調されている。バラードであんなに優しい声で歌ってた人がこんなに刺々しいロックなヴォーカルも出来るなんて・・・作品中での落差が激しすぎて凄く印象深かった。

全体としてはヒップホップ色もありつつ、R&B色が強い作品で非常に聞きごたえがある1枚。
問題点としてはバラードが多すぎて後半がダレる点。これで16曲は長い!
でもバラードが多いおかげでマイケルのヴォーカルが今まで以上に映えてより魅力的に感じられる・・・と思う。



評価
85点

You Rock My World


Cry


Unbreakable



posted by Shouta at 15:56| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

Weezer「Hurley」レビュー

Hurley - Weezer
Hurley - Weezer

ハーリー - ウィーザー
ハーリー - ウィーザー
2010年9月14日発売


曲目
1.Memories
2.Ruling Me
3.Trainwrecks
4.Unspoken
5.Where's My Sex?
6.Run Away
7.Hang On
8.Smart Girls
9.Brave New World
10.Time Flies
ボーナストラック
11.All My Friends Are Insects
12.Viva la Vida (Coldplay cover)
13.I Want to Be Something
14.Represent(Rocked Out mix)
15.Unspoken(Sam Farrar Remix)
16.Memories (Instrumental)


順位
・6位(US)

売上
・13万枚(US)
・17万枚(全世界)


レビュー
・Weezer 8thアルバム。
前作から1年というかなり早いスパンでのリリースで、今作はオフスプリングやランシドを擁するインディーレーベル「エピタフ」からのリリースとなっている。
ジャケ写は海外ドラマ「LOST」のハーリー役の俳優・ホルヘ・ガルシア。

前作が全然Weezerっぽくないアルバムで、そのうえ今回はインディーレーベルでのリリースということで「どんだけの変化があるんだろ・・・」と期待半分不安半分で聞いてみたんだけど
ここ数作同様 共作曲ばかりながらもそこまで変な曲も無く、思ってたよりもWeezerらしい楽曲が多かったな〜という印象を受けた

ただメンバー内で共作してた前々作に雰囲気は近いので、帯にある原点回帰!の文字に騙されて1st,2ndのようなものを期待して聞くと面食らうと思う。
外部ミュージシャンが制作に参加してるからか、やたら風通しがいい爽やかなポップスが多いしね。
そんな中で2ndっぽいエモーショナルな雰囲気もある「Where's My Sex?」、3rd収録の「Island In The Sun 」に近いアコースティックナンバー「Unspoken」など随所に今までの彼ららしい要素を感じる楽曲もあり、そういった意味で思ってたよりWeezerらしかったな〜と感じた。
やたらポップな味付けが印象深い今作だけど、メロディーは相変わらず良いし、前作みたいな外し方も無いので少なくとも今までWeezerを聞いてきたリスナーなら受け入れられると思う。

なお国内盤ではColdplayの「Viva la Vida」のカバーが収録されているけど・・・さすがにこれは合わないと思う(苦笑)

評価
80点

Memories


Hang On




posted by Shouta at 19:38| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする