2015年11月12日

Weezer「Hurley」レビュー

Hurley - Weezer
Hurley - Weezer

ハーリー - ウィーザー
ハーリー - ウィーザー
2010年9月14日発売


曲目
1.Memories
2.Ruling Me
3.Trainwrecks
4.Unspoken
5.Where's My Sex?
6.Run Away
7.Hang On
8.Smart Girls
9.Brave New World
10.Time Flies
ボーナストラック
11.All My Friends Are Insects
12.Viva la Vida (Coldplay cover)
13.I Want to Be Something
14.Represent(Rocked Out mix)
15.Unspoken(Sam Farrar Remix)
16.Memories (Instrumental)


順位
・6位(US)

売上
・13万枚(US)
・17万枚(全世界)


レビュー
・Weezer 8thアルバム。
前作から1年というかなり早いスパンでのリリースで、今作はオフスプリングやランシドを擁するインディーレーベル「エピタフ」からのリリースとなっている。
ジャケ写は海外ドラマ「LOST」のハーリー役の俳優・ホルヘ・ガルシア。

前作が全然Weezerっぽくないアルバムで、そのうえ今回はインディーレーベルでのリリースということで「どんだけの変化があるんだろ・・・」と期待半分不安半分で聞いてみたんだけど
ここ数作同様 共作曲ばかりながらもそこまで変な曲も無く、思ってたよりもWeezerらしい楽曲が多かったな〜という印象を受けた

ただメンバー内で共作してた前々作に雰囲気は近いので、帯にある原点回帰!の文字に騙されて1st,2ndのようなものを期待して聞くと面食らうと思う。
外部ミュージシャンが制作に参加してるからか、やたら風通しがいい爽やかなポップスが多いしね。
そんな中で2ndっぽいエモーショナルな雰囲気もある「Where's My Sex?」、3rd収録の「Island In The Sun 」に近いアコースティックナンバー「Unspoken」など随所に今までの彼ららしい要素を感じる楽曲もあり、そういった意味で思ってたよりWeezerらしかったな〜と感じた。
やたらポップな味付けが印象深い今作だけど、メロディーは相変わらず良いし、前作みたいな外し方も無いので少なくとも今までWeezerを聞いてきたリスナーなら受け入れられると思う。

なお国内盤ではColdplayの「Viva la Vida」のカバーが収録されているけど・・・さすがにこれは合わないと思う(苦笑)

評価
80点

Memories


Hang On




posted by Shouta at 19:38| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする