2015年11月14日

Michael Jackson「Invincible」レビュー

Invincible - Michael Jackson
Invincible - Michael Jackson

インヴィンシブル - マイケル・ジャクソン
インヴィンシブル - マイケル・ジャクソン


2001年10月30日発売


曲目

1.Unbreakable
2.Heartbreaker
3.Invincible
4.Break Of Down
5.Heaven Can Wait
6.You Rock My World
7.Butterflies
8.Speechless
9.2000 Watts
10.You Are My Life
11.Privacy
12.Don't Walk Away
13.Cry
14.The Lost Children
15.Whatever Happens
16.Threatened


順位
・1位(UK、US)


売上
・230万枚(US)
・1300万枚(全世界)


レビュー
・Michael Jackson 10枚目のアルバム
「HIStory」以来6年ぶりのアルバム(その間にリミックスアルバム「Blood On The Dance Floor」をリリースしている)で、結果的にマイケル存命中にリリースされた最後のアルバムとなっている。
今作のリリースにおいてマイケルとソニーとの関係が悪化し、そのせいで今作のプロモーションも思ったように行かず、アルバムのセールスも今までに比べると伸び悩んだ。

マイケルジャクソン生前最後のアルバム。なのに扱いがあまり良くなく(ベスト盤に選曲されない等)、知名度もそんなに高くないという・・・。
チャート的にもヒットしたといえる曲が無い感じなので確かに微妙な立ち位置のアルバムなのかな〜という気もしなくもない。
アルバム自体もミディアム〜バラードだけで構成されている
のでパッと聞くとかなり地味な印象を受ける作品。・・・なんだけど聞きこんでいくと今までとは違った魅力が感じられる。

「You Are My Life」「Heaven Can Wait」「Cry」などは過度な装飾せずに徹底的に美しいメロディーを活かしたバラードで今までの作品以上に優しい仕上がりになっており、もうここまでくると幻想的ですらある。
一方でガッツリビートの効いたダンスナンバーもあり、「Unbreakable」「You Rock My World」ではカッコいい一面も強調されている。バラードであんなに優しい声で歌ってた人がこんなに刺々しいロックなヴォーカルも出来るなんて・・・作品中での落差が激しすぎて凄く印象深かった。

全体としてはヒップホップ色もありつつ、R&B色が強い作品で非常に聞きごたえがある1枚。
問題点としてはバラードが多すぎて後半がダレる点。これで16曲は長い!
でもバラードが多いおかげでマイケルのヴォーカルが今まで以上に映えてより魅力的に感じられる・・・と思う。



評価
85点

You Rock My World


Cry


Unbreakable



posted by Shouta at 15:56| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする