2015年12月11日

nano.RIPE「プラスとマイナスのしくみ」レビュー

プラスとマイナスのしくみ【DVD付き初回限定盤】 - nano.RIPE
プラスとマイナスのしくみ【DVD付き初回限定盤】 - nano.RIPE


プラスとマイナスのしくみ【通常盤】 - nano.RIPE
プラスとマイナスのしくみ【通常盤】 - nano.RIPE
2012年10月3日発売

曲目
1.うつくしい世界
2.ぼくなりのおとぎ話
3.絵空事
4.アドバルーン
5.アンサーソング
6.ナンバーゼロ
7.よすが
8.ゆきのせい
9.ページの中で
10.リアルワールド
11.サクゴエ
12.かえりみち
13.グッバイ
14.架空線


順位
・35位


レビュー
・nano.RIPE 2ndアルバム。
前作を最後にドラムが脱退したため、今作ではサポートを入れている。

前作の延長線上のような雰囲気で、全体的にはアップテンポの楽曲が多くなった印象。演奏面でさらに幅広くなり、特にベースが前作よりも存在感がアップしている。そういった意味では前作よりもロックバンド然としたアルバムになっていると思う
もともとライブ中心に活動してたバンドらしいのでその部分が今作でガッツリ出てたのかな〜と。

シングル曲「絵空事」「リアルワールド」「ゆきのせい」は今までのシングルよりも良い意味でスタイリッシュになって全体的にもシングルらしいキャッチーさが加わった感じで凄く良い

特に「絵空事」はサビで爆発するキャッチーなメロが心地よく、カッコいいロックに仕上がっている。

が、アップテンポが多くなった一方 メロディアスなナンバーがやや減ってしまった感じもあり、少々残念な気をする。最初に聞いたときはアップテンポ押しでやや印象に残りにくかった印象もある(聞き込むと印象はだいぶ変わったけど)
けど概ね満足度の高いアルバムだ。前作を聞いて好印象なら今作も間違いないと思う。


評価
85点

リアルワールド



ゆきのせい
posted by Shouta at 23:28| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする