2016年01月03日

Paramore「Brand New Eyes」レビュー

Brand New Eyes - Paramore
Brand New Eyes - Paramore

2009年9月29日発売


曲目
1.Careful
2.Ignorance
3.Playing God
4.Brick By Boring Brick
5.Turn It Off
6.The Only Exception
7.Feeling Sorry
8.Looking Up
9.Where The Lines Overlap
10.Misguided Ghosts
11.All I Wanted
12.Decode

順位
・2位(US)
・1位(UK)


売上
・210万枚(US)


レビュー
・Paramore 3rdアルバム。
今作を最後にギターのジョシュとドラムのザックが脱退したため、5人体制でのリリースは今作が最後になる。

ややポップなメロの曲が多かった前作からロック色強めなサウンドに変貌
全体的にエモい楽曲が多く、ヘイリーの伸びやかで力強いヴォーカルが前作以上に力を発揮している。
まさに感情の爆発のような歌唱で楽曲もそれを最大限に活かすような作りのモノばかり。
特に冒頭2曲「Careful」「Ignorance」の勢いと熱量が半端なく、これ以上に無いくらいカッコいい幕開けだと思う。

他には新機軸としてアコースティックテイストなバラード「The Only Exception」があるが、どっちかというとエモいロック曲の箸休めみたいな感じでなので 最後まで勢いを切らさないまま突き抜ける。
欠点はアップテンポの楽曲が多く印象が被る曲もちょっとあることだが、それを補って余りある勢いなのでそこまで気にならない。
圧倒的な完成度とは言わないが、かなりの力作でありエモ系ロックのお手本みたいなアルバムだと思う。

なお「Decode」のみ映画「トワイライト〜初恋〜」に提供された楽曲でボーナストラック扱いなので
やや毛色が異なるが、これも良い曲。

いやぁ〜それにしてもヘイリー、可愛い!

評価
87点

Decode



Brick By Boring Brick


The Only Exception


posted by Shouta at 21:16| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする