2016年01月10日

L'Arc〜en〜Ciel「BUTTERFLY」レビュー

BUTTERFLY(完全生産限定盤)(DVD付) [Limited Edition, CD+DVD] / L’Arc~en~Ciel (CD - 2012)
初回限定盤

2012年2月8日発売


曲目
DISC.1
1.CHASE
2.X X X
3.Bye Bye
4.GOOD LUCK MY WAY -BUTTERFLY Ver.-
5.BLESS
6.shade of season
7.DRINK IT DOWN
8.wild flower
9.SHINE
10.NEXUS 4
11.未来世界

DISC.2
『P'UNK IS NOT DEAD』/P'UNK〜EN〜CIEL

1.夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]
2.花葬 平成十七年
3.HEAVEN'S DRIVE 2005
4.Round and Round 2005
5.Dune 2008
6.I Wish 2007
7.Promised land 2005
8.HONEY 2007
9.Feeling Fine 2007
10.ROUTE 666 -2010-
11.milky way 2004
12.metropolis 2011


売上
・初動 17万枚
・累計 24万枚


週間順位
・最高1位


レビュー
・L'Arc〜en〜Ciel 12thアルバム。前作から4年3ヶ月ぶりとなるアルバムリリースとなる。
本作のCMはアルバムタイトルにかけて木村カエラの楽曲「Butterfly」のPVの一部が流れるというもので、音声にラルクの楽曲は一切登場しないものとなっている。

久々のオリジナルアルバムだが、ほぼ既存曲。数少ない新曲もライブで先行披露してたりするのでほぼベスト盤みたいな構成。ゆえにかなり賛否両論ある作品なんだけど、確かにそれも納得な内容だ。
新曲が4曲のみ、ほぼシングルなのでラルクをちゃんと聞いたこと無い僕でもどことなく聞き覚えのある曲ばかり。耳馴染があるので聞きやすいっていうのはあるけど、新曲を聞く楽しみがほぼ無いという・・・
そういった意味で否の評価が多いのも納得だ。

ただ楽曲的には圧倒的なクオリティでさすがの一言。
ラルクは00年代に入ってからキャッチーで爽やかなモノが多くなったが、今作でもその路線は継続。
メンバー全員が曲書けるということもあり、ジャンルの多様性が感じられるがそれもポップなベールに包んで完成している印象だ。
特に「GOOD LUCK MY WAY」の突き抜ける様な爽やかさがツボ。ハガレン主題歌はこれで4回目だが、今までの主題歌をブラッシュアップしたような爽やかさが心地よい。
この「GOOD LUCK MY WAY」を初めとするシングルたちが好きなら楽曲のクオリティ的には聞いて損は無いと思う。

またラルクはベストが乱発されており、どれから聞けばいいか分からないという人が多いと思うけど(僕とか)そういう人は今作から入るのもいいかも。



DISC.2は
P'UNK EN CIELによる「P'UNK IS NOT DEAD」は
メンバーによるパートチェンジしていてボーカルはラルクのベーシストであるtetsuyaがボーカルを務めている
L'Arc〜en〜Cielが発表してきた曲をかなりゴリゴリにパンクアレンジした楽曲が並んでいる
実は
今までのシングルにC/Wに収録されてきたものを集めたものなので、実質的なC/W集のような形になっている
これはこれでいいけど、ラルク本体に勝るものは特にないかな。


評価
87点

GOOD LUCK MY WAY


XXX




posted by Shouta at 22:50| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする