2016年01月12日

AKB48「0と1の間(COMPLETE SINGLES)」レビュー

0と1の間 [Complete Singles]【数量限定盤】 - AKB48
0と1の間 [Complete Singles]【数量限定盤】 - AKB48

0と1の間 No.1 Singles - AKB48
0と1の間 No.1 Singles - AKB48


0と1の間 Million Singles - AKB48
0と1の間 Million Singles - AKB48

0と1の間 Theater Edition (イベント参加券・生写真なし) [CD] AKB48 - AKB48
0と1の間 Theater Edition (イベント参加券・生写真なし) [CD] AKB48 - AKB48
2015年11月18日発売

曲目
DISC1
1.桜の花びらたち(2015 BEST ver.)
2.スカート、ひらり(2015 BEST ver.)
3.会いたかった
4.制服が邪魔をする
5.軽蔑していた愛情
6.BINGO!
7.僕の太陽
8.夕陽を見ているか?
9.ロマンス、イラネ
10.桜の花びらたち2008
11.Baby! Baby! Baby!
12.大声ダイヤモンド
13.10年桜
14.涙サプライズ!
15.言い訳Maybe

DISC2
1.RIVER
2.桜の栞
3.ポニーテールとシュシュ
4.ヘビーローテーション
5.Beginner
6.チャンスの順番
7.桜の木になろう
8.Everyday、カチューシャ
9.フライングゲット
10.風は吹いている
11.上からマリコ
12.GIVE ME FIVE!
13.真夏のSounds good !
14.ギンガムチェック
15.UZA
16.永遠プレッシャー

DISC3
1.So long !
2.さよならクロール
3.恋するフォーチュンクッキー
4.ハート・エレキ
5.鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
6.前しか向かねえ
7.ラブラドール・レトリバー
8.心のプラカード
9.希望的リフレイン
10.Green Flash
11.僕たちは戦わない
12.ハロウィン・ナイト
13.クリスマスイブに泣かないように
14.始まりの雪
15.ロザリオ

DVD
1.AKB48グループメンバー エア握手会2015
2.DECADE〜AKB48 10年の軌跡〜


順位
・1位


売上
・初動 62万枚


レビュー
・AKB48 3rdベストアルバム。
一般発売3形態と劇場盤を加えた合計4種でのリリースとなっている。内訳はそれぞれ「COMPLETE SINGLES」(全シングル収録)「No.1 SINGLES」(オリコンチャート1位曲収録)「MILLION SINGLES」(ミリオン曲収録)「THEATER EDITION」となっており、収録されている新曲は異なる。
今回レビューするのは「COMPLETE SINGLES」。

AKBをちゃんと聞くのは何気に久しぶり。
レビュー見る限りだと2014年のアルバム「次の足跡」以来。
当初はこれもチェックする予定は無かったけど、それこそ「次の足跡」以降にリリースされたシングルをほとんど把握していなかったのでこれを機会に聞くのもいいかなと思って、レンタル。

DISC.1はデビューから人気が一気に爆発する手前までのシングルが収録。
改めて聞くとデビュー直後の曲は「スカート、ひらり」「制服が邪魔をする」など明らかに時代錯誤感溢れる感じで売れなかったのも納得
契機になったのは「大声ダイヤモンド」でしょうか。この辺から一気にポップスとしてクオリティが高くなっていき、チャートでも上位に食い込むようになっていく。メンバーのビジュアル面でも垢抜けて可愛くなった・・・と思う(当時Mステを見て思った感想)


DISC.2は人気が右肩上がりで、ついにミリオン突破!名実ともに最盛期な頃の曲。
いつ聞いても「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」の2つは物凄いと思う。この2曲が連続してリリースされたってこと自体がありえない。
「握手券が〜」「ミスチルの初動記録が〜」云々言われ出したのもこの頃だけど 人気も曲の質も圧倒的でありケチをつける部分が無い・・・と思う。
が、「真夏のSounds good !」辺りでももう色々飽和し始めてきて短い最盛期だったなと。


DISC.3は人気絶頂から今までの曲なんだけど
パッと聞いて分かるのが音がゴチャゴチャしてうるさい!ということ。
また楽曲としての幅はパンク、GS風味など広がっており多彩ではあるが、メロディがイマイチ冴えないのとアレンジが量産的すぎてツマラナイということもあり、かなり微妙
個人的には「希望的リフレイン」以降は知らなかった(たぶん何処かでは聞いてるはずだけど)。まぁそれも納得な出来で「僕たちは戦わない」は去年のNo.1ソングなのにサビメロすら覚えていなかった。
こんな中でひときわ光るのが「恋するフォーチュンクッキー」だけど、こんな名曲がなんでこの時期に出てきたのがホント謎。そのせいでちょっと浮いてる気すら・・・
ちなみに新曲はシングルという気負いが無いからか色々スッキリしててシングルよりも遥かに良かった。



DVD
・握手会映像は「次の足音」にも収録されており、それ以来。
AKBだけでなく全グループ分あるのでかなりの長さ。しかも知らない人ばかりなので見るのは結構辛い・・・2倍速で見ました(笑)

・ドキュメンタリーはAKB史に残る大きなトピックは残さず拾っておりなかなかのクオリティ。
ただこの手の話はTVでも見てる気がするので個人的には特に目新しいものは無かった。



評価
80点
一気にシングルを聞けるという点では凄く良い。ただかなりの重量なので聞くのが大変。
前のベスト2枚聞いてる人、「ポニーテルとシュシュ」「ヘビーローテーション」が聞ければいい、3枚組は勘弁!って人は「NO.1 SINGLES」でもいいかも。






ラベル:AKB48 CDアルバム
posted by Shouta at 17:01| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする