2016年02月08日

Galileo Galilei「ALARMS」レビュー

ALARMS(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei
ALARMS(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei

ALARMS - Galileo Galilei
ALARMS - Galileo Galilei

2013年10月9日発売


曲目
1.ALARMS
2.ロンリーボーイ
3.パイロットガール
4.処女と黄金の旅
5.Jonathan
6.潮の扉
7.サークルゲーム
8.フラニーの沼で
9.愛を
10.死んだように
11.Oh,Oh!
12.コバルトブルー
13.Birthday

順位
・15位


レビュー
・Galileo Galilei 3rdアルバム。
共同プロデューサーにPOP ETCのクリストファー・チュウを迎えて制作された。

今作はメンバーによるセッションで多くの曲が作られたからか前作に比べるとギターロック色強めの楽曲が多い
といっても初期のようなストレートなロックでは無く、音がモヤモヤして霧がかったようないわゆるシューゲイザー的な面を強く感じる。ギターロック(シューゲイザー)+αでエレクトロみたいな感じだろうか。
そういった意味では前作同様J-POPの枠組みからは随分と外れたものになってると思うけど、一般的なイメージのギターロック路線とエレクトロの路線の折衷が今作では上手いことなされてると思う。

ただ
ギターロック色強めっていっても歌詞も内省的で楽曲自体も明るさはあまり感じないし、メロディ的なインパクトの強さもそこまで無いので1stアルバムの頃はファンはこの路線はなんのこっちゃ??って印象かもしれないが、これはこれ その頃とはまったく別の魅力があるのでGalileo Galileiはこうだ!といったイメージを持たずに聞いたらかなり良く感じられると思う。
特にアルバム全体の統一感は素晴らしいので曲単位ではなく、アルバムでぜひ聞いてもらいたい1枚。



評価
90点

サークルゲーム


ロンリーボーイ


Birthday


posted by Shouta at 12:05| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする