2016年02月09日

L'Arc〜en〜Ciel「KISS」レビュー

KISS - L'Arc~en~Ciel
KISS - L'Arc~en~Ciel

Kiss-Limited - L'arc-En-Ciel
Kiss-Limited - L'arc-En-Ciel
2007年11月21日発売


曲目
1.SEVENTH HEAVEN
2.Pretty girl
3.MY HEART DRAWS A DREAM
4.砂時計
5.spiral
6.ALONE EN LA VIDA
7.DAYBREAK'S BELL
8.海辺
9.THE BLACK ROSE
10.Link -KISS Mix-
11.雪の足跡
12.Hurry Xmas


順位
・1位

売上
・初動 22万枚
・累計 32万枚


レビュー
・L'Arc〜en〜Ciel 11thアルバム。
2年5ヵ月ぶりのアルバムリリースで本作は5か月連続リリース (シングル・アルバム・DVD、合計6作品) の第5弾にあたる。

2000年代のラルクはCMソング、ハガレンを初めとするアニメタイアップが多いことがあってか以前よりも幾分ポップになった印象が強い
特にシングルはその傾向が強いが、今作ではメンバー全員が作詞作曲を行っていることでポップさよりも楽曲の幅広さが耳に残る。
「Hurry Xmas」なんかはジャズっぽい要素を感じさせるパーティーチューンだし、「SEVENTH HEAVEN」はダンサンブルなディスコロック?に仕上がっている。この辺はラルクとしても新境地だと思うし、メンバー自身もチャレンジした楽曲として挙げている。

多彩さは見方を変えれば散漫でバラバラとも言えるが、今作においてはそういったこともなく不思議と統一感もあって聞きやすい。
どの曲がシングルか把握しないまま聞いたが後で曲の情報見たら「あれ!これシングルじゃなかったの?」っていう曲も結構多かったし「ラルクってなんか世界観が濃そうだし、入りにくいなぁ・・・」と思っている人が聞けば(ちょっと前の僕とか)アルバム内容に結構ビックリするんじゃないかと思う。


評価
90点

DAYBREAK'S BELL


Link


posted by Shouta at 09:22| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする