2016年02月27日

Bruno Mars「Doo-Wops & Hooligans」レビュー

Doo-Wops & Hooligans - Bruno Mars
Doo-Wops & Hooligans - Bruno Mars

ドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤) - ARRAY(0xcfd4300)
ドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤) - ARRAY(0xcfd4300)

2010年10月12日発売

曲目
1.Grenade
2.Just the Way You Are
3.Our First Time
4.Runaway Baby
5.The Lazy Song
6.Marry You
7.Talking to the Moon
8.Liquor Store Blues(featuring Damian Marley)
9.Count On Me
10.The Other Side(featuring Cee Lo Green and B.o.B)
ボーナストラック
11.Just The Way You Are (Remix)
12.Somewhere In Brooklyn
13.Talking To The Moon [Acoustic Piano Version]
14.Just The Way You Are [Walmart Soundcheck Version] [Live]
15.Grenade [Walmart Soundcheck Version] [Live]
16.The Other Side [Walmart Soundcheck Version] [Live]


順位
・1位(UK)
・3位(US)

売上
・230万枚(US)
・600万枚(全世界)


レビュー
・Bruno Mars 1stアルバム。
プロデューサーチーム ザ・スミージントンズを結成し、09年のFlo Ridaの「Right Round」など数々のヒット曲を手掛けた彼。 その後様々な客演を経て2010年に今作でデビュー。
シングルもアルバムも大ヒットを記録した今作だが、それも納得できる充実したアルバムになってると思う。

日本でもCMソングとしてかかってる「Just the Way You Are」なんかは如何にも!って感じのポップなラブソングで良い意味でも悪い意味でも優等生的な良さなんだけど(個人的には好きですよこの曲)
この曲は彼の一面的な良さに過ぎず、
実際はムディーなR&B「Our First Time」、アゲアゲなファンキーソング「Runaway Baby」、レゲエ的な要素を強く感じる「The Lazy Song」「Liquor Store Blues」などなど楽曲は物凄く多彩でジャンルレス的な魅力を感じる。


また彼はよく「世界一のメロディーメイカー!」なんて肩書きをメディアにつけられてるのを見るが、確かにそれも納得できるようなメロディーの良さも感じる。このメロディーの良さが全曲に渡っていかんなく発揮されているからジャンルレスな楽曲たちも全てポップソングとしてもまとまっていて聞きやすいんじゃないかなと思う。
彼の色気がありつつも甘いヴォーカルの役割もたぶん大きいでしょうね。
甘いだけじゃなく、歌唱力も兼ね備えており、楽曲のもつ良さを素晴らしい形で表現してくれるので歌を聞き入ってしまう・・・なんてこともあったり。
特にバラード曲だとその魅力が最大限に発揮されてまさに圧巻(「Talking to the Moon」など)


「Just the Way You Are」だけのイメージが強い気がするが
聞いてみればこの曲だけが飛び抜けてるわけでもなく、アルバム全体で非常にアベレージが高いことが分かる。ジャンルも多彩で、最後まで飽きずに聞くことができる名盤だと思う。


評価
95点

Just the Way You Are


Grenade


Liquor Store Blues


Talking To The Moon







posted by Shouta at 22:52| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする