2016年03月24日

金木和也「LUCKY」レビュー

LUCKY - 金木和也
LUCKY - 金木和也


2014年10月1日発売


曲名
1.ラッキー
2.ワンダーランド
3.ダーウィン
4.リアル
5.もう少しだけ
6.タイムマシーンについて


レビュー
・金木和也 1stミニアルバム。
この作品が彼にとって初の全国流通のアルバムとなっており、リードトラック「ラッキー」は映画「アオハライド」の挿入歌として起用され話題となった。

彼が率いたバンドが「閃光ライオット」のファイナリストに選出されていたりしたらしいんだけ、そっち方面では全く知らなかった。じゃあ何で知ったかというと収録曲のうち2曲でAqua Timezのメンバーが参加していることから
「ラッキー」はAqua Timezのギタリスト・大介が、「ワンダーランド」にはAqua Timezのベーシスト・OKP-STARがそれぞれ演奏、アレンジ、プロデュースで参加している。
デビューして以来メンバーがAqua Timez以外で活動することがほとんど無かったのでなんか感慨深い・・・。他にはいしわたり淳治、コアラモードの小幡康祐などが参加している。

曲の方はアコースティックギターを主体にした軽やかなポップスが中心に構成されており、程よくキャッチーで聞きやすい。歌詞とか全体的な雰囲気はちょっとRADWIMPSから影響受けてるかなぁといった感じ。
これが初の全国流通盤とのことだけど歌は上手いし、セルフプロデュースの曲も完成度が高く、荒削りな感じは全く無い。好き嫌いは別にしてこの時点でかなり完成されてるので個人的にはもっと注目されてもいいんじゃないかな?と感じた。


評価
85点

ラッキー


posted by Shouta at 21:18| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

Aqua Timez Back to You tour2015-2016 2016/3/19 仙台公演



現在47都道府県を回るツアーを行ってるAqua Timezですが、
今回は彼らのライブを見てきました。

前はTeam AQUAに入っているのを忘れていて一般発売でチケットを買いましたが、
今回はちゃんと長期会員として先行でチケット取れましたよ!


セットリスト
ネタバレアリ

















1.一瞬の塵
2.ALONES

3.等身大のラブソング
4.The FANtastic Journey
5.Velonica
6.手紙返信

7.Perfect World(別アレンジ)
8.LOST PARADE
9.ヒナユメ

10.生きて
11.新曲(フルスイング?)
12.FlyFish
13.MASK

14.MILKY BLUES
15.because you are you

アンコール
16.決意の朝に(アカペラVer.)
17.長すぎた夜に
18.虹


・セットリストはツアー中に微妙に変わっているようだけど(他公演だと「閃光」「濃霧のち」「STAY GOLD」なんかをやってたりする)
個人的には大満足のセットリストだった
一番好きな曲「Perfect Wolrd」を生で聞けたっていうのだけでもう感無量だ(別アレンジだったのが残念だけど)
他にも「一瞬の塵」「MILKY BLUES」など個人的にライブであまり聞いたことが無かった曲が聞けて凄く良かった。

・最近はキーボードでサポート入れてたけど、今回は無し。
なのでいつもより音がハードに聞こえて非常にカッコよかった。

・太志の声は割と出てた感じだけど
肝心の太志が1曲目から汗ダラダラで歌詞間違えも多かった。体調は良くなかったのかも?

・グッズ宣伝コーナーが登場
大介とOKPによるグダグダなまりトークがメインだったけど、その間 太志は裏に引っ込んでた。
なんというか・・・ちょっと体調が心配だ。

新曲を披露!
ツアーの最初の方に披露されてた「Dub Daddy」という新曲とは違う・・んじゃないかな、おそらく。
曲名「フルスイング」って聞こえたし。
肝心な曲の方がシンセを前に推しだしたEDM風味のモノ。曲が徐々に盛り上がってサビ部分でシンセソロが入る感じとかまんまEDMだった。
「Flyfish」みたいな曲もやるバンドなのでそこまで違和感は無かったけど、会場はちょっとポカーンって感じだったかも。

・前も感じたけど「Flyfish」の盛り上がりっぷり半端ないなぁ。。。
初めて聞いたときはそこまで感じなかったけど 完全にライブでのアンセムになってきつつある。
「Velonica」なんかはライブだとシンセが前に出ててCD音源とは全然違うから 改めてライブ映えする曲だなぁ〜と。

・結構前の方で見たのでメンバーがビックリするくらい近かった!
+すぐ隣に訓練されたファン集団がいて なんか申し訳ない気持ちになった(グッズとか何も買わなかったし)


箇条書きですが、感想はこんなもんでしょうか。
個人的には新曲も聴けたのでそろそろCDのリリースを!といった感じですね。
posted by Shouta at 18:24| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

BUMP OF CHICKEN「Butterflies」レビュー

Butterflies(初回限定盤)(Blu-ray付) - BUMP OF CHICKEN
Butterflies(初回限定盤)(Blu-ray付) - BUMP OF CHICKEN

Butterflies(初回限定盤)(DVD付) - BUMP OF CHICKEN
Butterflies(初回限定盤)(DVD付) - BUMP OF CHICKEN

Butterflies(通常盤) - BUMP OF CHICKEN
Butterflies(通常盤) - BUMP OF CHICKEN
2016年2月10日発売


曲目
1.GO
2.Hello,world!
3.Butterfly
4.流星群
5.宝石になった日
6.コロニー
7.パレード
8.大我慢大会
9.孤独の合唱
10.You were here
11.ファイター

順位
・1位

売上
・初動 19・7万枚


レビュー
・BUMP OF CHIKEN 8thアルバム。
前作からおよそ2年ぶりのアルバムリリースでバンドとしては比較的短いスパンでのリリースとなっている。
またアルバムでの月間順位1位を初めて獲得した。

リード曲「Butterfly」でBUMPがEDMになった!!!と話題になったが

見ての通り バンドサウンド薄めで煌びやかなシンセが目立つ曲になってる。
(コ、コールドプレイの「A Sky Ful Of A Stars」にソックリ・・・)

この曲の感想を正直に言うとかなり微妙。歌詞とメロはいつも通りのBUMPだし、あんまりEDMである必要性を感じないっつーか・・・。EDM導入するなら誰かにプロデュースしてもらった方が良かったと思う。
そんなわけでアルバムはあんまり期待してなかったんだけど
蓋を開けて見れば EDMっぽいのはこの曲と「GO」だけで他の曲はそこまで大きな変化は無かった。ひと安心・・・。

シングルとした発表されていた楽曲郡は文句なしの名曲たちなのは語るまでも無いけど肝心の新曲たちは「Butterfly」「GO」を除いてC/Wみたいな小曲が多い印象。
最近のBUMPはシングル出さないし、出してもC/Wは無いことが多いのでこういった曲でも十分良いんだけど、新曲がパッとしないこともあってアルバムとしての総合的な印象は前作「RAY」と比べるとちょっと劣る感じだ。


評価
83点

Hello,world


パレード


ファイター


You were here (コ、コールドプレイの「Magic」ソックリ・・・)



posted by Shouta at 14:54| Comment(2) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする