2016年04月06日

Maroon5「It Won't Be Soon Before Long」レビュー

It Won't Be Soon Before Long - Maroon 5
It Won't Be Soon Before Long - Maroon 5

イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング - マルーン5
イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング - マルーン5
2007年5月16日発売

曲目
1.If I Never See Your Face Again
2.Make Me Wonder
3.Little of Your Time
4.Wake Up Call
5.Won't Go Home Without You
6.Nothing Lasts Forever
7.Can't Stop
8.Goodnight Goodnight
9.Not Falling Apart
10.Kiwi
11.Better That We Break
12.Back at Your Door
ボーナストラック
13.Until You're Over Me
14.Infatuation
15.Losing My Mind


順位
・1位(UK,US等)

売上
・230万枚(US)
・40万枚(UK)

レビュー
・Maroon5 2ndアルバム。
前作から5年ぶりのアルバムリリースであり、ビルボードにおける当時の週間デジタル・セールスの最高記録を作った。また2006年にはオリジナルメンバーであるドラマーのライアンが脱退したため、今作からはサポート・ドラマーだったマットが参加している。

ジャズ、ファンク、R&B辺りを打ち出した前作に比べると今作はR&B+ポップロック色強めな作風。
またデジタルサウンドを導入、ギターもいつになくカッティングが多めで80年代っぽいダンサンブルな楽曲が多い印象だ。

パッと聞いた印象だと前作から向かっている方向が変わった気もするけど、アダムの枯れた色っぽいヴォーカルもキャッチーなメロディなどの"らしさ"も前作からさほど変わっておらず 相変わらずの絶妙なサウンドメイクっぷり(サウンドは前作よりも骨太)だ。個人的にMaroon5はそこはかとなく感じるアダルティな感じが好きで、そこが失われていなかったので今作は非常に好印象だった。

レビューなんかではポップになりすぎ!という声も見られたが、元々ポップスの部分が強いバンドだと思うし、今作ではその部分が色濃く出ただけだと思う
むしろここまでポップに傾倒しつつも Maroon5らしさを表現できてるのはさすが。


評価
90点

If I Never See Your Face Again



Won't Go Home Without You


posted by Shouta at 22:01| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする