2016年04月09日

Weezer「Weezer(The White Album)」レビュー

ウィーザー(ホワイト・アルバム) - ウィーザー
ウィーザー(ホワイト・アルバム) - ウィーザー


Weezer - Weezer
Weezer - Weezer
2016年4月1日発売


曲目
1.California Kids
2.Wind in Our Sail
3.Thank God for Girls
4.(Girl We Got A) Good Thing
5.Do You Wanna Get High?
6.King of the World
7.Summer Elaine and Drunk Dori
8.L.A. Girlz
9.Jacked Up
10.Endless Bummer
ボーナストラック
11.Prom Night

順位
・4位(US)

レビュー
・Weezer 10thアルバム。
セルフタイトルアルバムは2008年の「Weezer (The Red Album)」以来8年ぶり4枚目。
今作はジャケットが白であることから"ホワイトアルバム"と呼ばれている。

去年の10月くらいに「Thank God for Girls」が公開されたときは「アルバムは作ってない」的な発言していたのに なぜか前作から2年もせずに今作がリリースされた(笑)ファンからすれば嬉しい限りだけど

前作を作るのに4年かかったので今作もこんなに早く製作する予定は無かったみたいだけど
新たに迎えたプロデューサー ジェイク・シンクレアの影響で前作から2年弱でアルバムが完成したようだ。
このプロデューサーは根っからのWeezerファン(しかも初期2枚の)で、それゆえか今作では初期を彷彿とさせるグランジ・オルタナの要素を結構感じられる。このプロデューサーはファンの気持ちを分かってる!という感じだ。

じゃあ原点回帰した作品なのか?と聞かれるとちょっと違う。
「Thank God for Girls」は平メロがラップみたいな歌い方の曲だし、リードトラック「California Kids」は Vo.リヴァースクオモの別プロジェクト「スコット&リヴァース」の曲のセルフカバーなのでJ-POPみたいな響きがある。これらは初期に無い現在のWeezerのやりたいことが詰め込まれており、実験的側面も兼ね備えている。
ファンが期待する初期のような作風+現在のWeezerが合わさったのがこのアルバムであり、お互いが邪魔することなくキチンと1つのアルバムとして収まっている。
この辺は楽曲制作においてサンタモニカとベニスのビーチにインスピレーションを受けたことで ビーチに似合うアルバムを!と方向性がアルバム全体で定まっていたからかもしれない。
前作同様メロディーがキレッキレで凄く聞きやすいし、今 Weezerは凄く良い状態なんだろうなとヒシヒシと感じられた。
もう文句なし 大満足の1枚でした。



評価
96点

King Of The World


California Kids


L.A. Girlz


ラベル:CDアルバム Weezer
posted by Shouta at 22:00| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする