2016年04月19日

Paul McCartney「Tug Of War」レビュー

Tug of War - Paul Mccartney
Tug of War - Paul Mccartney

タッグ・オブ・ウォー(デラックス・エディション) - ポール・マッカートニー
タッグ・オブ・ウォー(デラックス・エディション) - ポール・マッカートニー


1982年4月5日発売


曲目
1.Tug of War
2.Take It Away
3.Somebody Who Cares
4.What's That You're Doing?
5.Here Today
6.Ballroom Dancing
7.The Pound is Sinking
8.Wanderlust
9.Get It
10.Be What You See
11.Dress Me Up as a Robber
12.Ebony and Ivory


順位
・1位(UK,US等)


レビュー
・Paul McCartney 4thアルバム。
彼が率いていたバンド・ウイングスが事実上解散状態になったため、ソロ作品としてリリースされた。
ビートルズ的なサウンドに回帰したことで大ヒットを記録し、メディアからも高い評価を受けた。
2015年には今作と続編的アルバム「Pipes Of Peace」が最新リマスターを施され、デラックスエディションとしてリイシューされている。

ジョンレノンに比べてソロ作品の印象が弱いポールだが(少なくとも日本では)、ソロになった後も数多くのヒットを飛ばしており、その中でも頭一個飛び抜けて名盤とされているのが今作である。
ビートルズを手掛けたジョージ・マーティンによるプロデュース作品で、ビートルズ的なサウンドメイクへの回帰が為されている。加えてリンゴスター、スティーヴィー・ワンダー、カール・パーキンスなどと顔ぶれも豪華で大ヒットも納得できる布陣である。

楽曲的にも非常に充実しており、「Tug Of War」「Wanderlust」などとポールのメロディーメイカーぶりがいかんなく発揮されている曲が多く見受けられる
特に「Tug Of War」のサビの展開っぷりには舌を巻くばかり。ビートルズでは出来なかったかもなぁ・・・こういうのはバンドじゃないソロだからこその自由さかもしれない。

スティーヴィー・ワンダー参加の「What's That You're Doing?」「Ebony and Ivory」とカール・パーキンス参加でロカビリー風味の「Get It」など他のアーティストの手が入ることでアルバム全体の良いスパイスになっているのもポイント。このようにビートルズ的と言いながらもただの回帰では無く、ソロアーティスト・ポールマッカートニーとしての色もキチンと出ている。

さすがにビートルズ時代の名曲に匹敵するようなモノは無いけれども、
全体的なアベレージは非常に高く、何でポールソロ作品はイマイチ知名度が低いのか不思議に思った。凄く良いじゃん!
少しずつポールのソロ作を聞いていきたいな〜と思いました。


評価
90点

Ebony and Ivory



Here Today


posted by Shouta at 22:30| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする