2016年05月04日

Travis「Good Feeling」レビュー

Good Feeling - Travis
Good Feeling - Travis

グッド・フィーリング - トラヴィス
グッド・フィーリング - トラヴィス
1997年9月26日発売


曲目
1.All I Want to Do Is Rock
2.U16 Girls
3.The Line Is Fine
4.Good Day to Die
5.Good Feeling
6.Midsummer Nights Dreamin'
7.Tied to the 90's
8.I Love You Anyways
9.Happy
10.More Than Us
11.Falling Down
12.Funny Thing


順位
・9位


レビュー
・Travis 1stアルバム。

2nd「The Man Who」で大ヒットを飛ばすTravis。
そのデビューアルバムでもある1stでは彼らの特徴とも言える美メロも感じられるが、Oasisのフォロワー的な激しいロックなサウンドの方が印象としては強い
後年の作品では「Ode To J.Smith」に近い方向性だけど、1stなだけあって良くも悪くも若さや青さをビンビン感じるし、デビュー直後で何にも染まっていないからこその唯一無二さがあると思う。この時期だけのTravisの良さがあるので2nd以降ばかり聞いてるとある意味新鮮。
しゃがれ声で歌ってるフランっていうのも今作くらいじゃないかな?

こういったOasisフォロワー的バンドはこの時期かなり出現していたはずなので ずっとこの路線で行っていたらあそこまでの大ヒットは無かったかなぁと思う。
2nd以降のTravisの魅力はこの段階ではほとんど発揮されていないわけだし。ナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに迎えて方向転換したのは正解かと。


評価
82点

Happy


U16 Girls


All I Want to Do Is Rock

posted by Shouta at 13:38| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする