2016年06月02日

Maroon 5「Hands All Over」レビュー

ハンズ・オール・オーヴァー - ARRAY(0xf0f6660)
ハンズ・オール・オーヴァー - ARRAY(0xf0f6660)

Hands All Over: Revised Edition - Maroon 5
Hands All Over: Revised Edition - Maroon 5


2010年9月21日発売


曲目
1.Misery
2.Give A Little More
3.Stutter
4.Don't Know Nothing
5.Never Gonna Leave This Bad
6.I Can't Lie
7.Hands All Over
8.How
9.Get Back In My Life
10.Just A Feeling
11.Runaway
12.Out Of Goodbye
ボーナストラック
13.Last Chance
14.No Curtain Call
15.Never Gonna Leave This Bad(Acoustic)
16.Misery(Acoustic)
17.If I Ain't Got You(Live)


順位
・2位(US)
・6位(UK)
・3位(日本)



レビュー
・Maroon5 3rdアルバム。
前作から約3年ぶりのリリース。今作ではロバート・ジョン“マット”ラングをプロデュースを務めている。

R&B+ポップロックという概ねの路線は前作から継続されているんだけど、今作は明らかにポップスとしての要素が強くなっている
また全体としてはビートが効いたサウンドでどっちかというとダンスミュージック的アプローチを強く感じた。

元々ポップスとしての色が強く、それをR&Bやファンクといったフィルターを通して完成させていたのがMaroon5だと思うんだけど今回はそのフィルターが随分と薄くなってしまったようだ。
その辺がどうもリスナーからは不評だったらしい。加えてこれ以降はドンドンポップス色を強めていくので今作以降は賛否両論だったりするんだけど・・・
個人的にも確かにポップスに寄り過ぎてバンドとしてのカッコよさはだいぶ削がれてしまった気はした。
ただ
先行シングル「Misery」を初めとして楽曲自体のクオリティは相変わらず高安定なので嫌いになれない・・・何ともモヤモヤした感情が残るそんなアルバム。



評価
75点

Misery



Give A Little More


posted by Shouta at 20:23| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする