2016年06月03日

Radiohead「The Best Of」レビュー

Best of - Radiohead
Best of - Radiohead

Best of - Radiohead
Best of - Radiohead

ザ・ベスト・オブ - レディオヘッド
ザ・ベスト・オブ - レディオヘッド
2008年6月2日発売


曲目
1.Just
2.Paranoid Android
3.Karma Police
4.Creep
5.No Surprises
6.High and Dry
7.My Iron Lung
8.There There
9.Lucky
10.Fake Plastic Trees
11.Idioteque
12.2 + 2 = 5
13.The Bends
14.Pyramid Song
15.Street Spirit (Fade Out)
16.Everything in Its Right Place
ボーナストラック
17.You and Whose Army?


順位
・4位(UK)
・26位(US)


レビュー
・Radiohead 1stベストアルバム。
選曲、販売にはバンドが関わっておらず、7thアルバム「In Rainbows」発売直前に契約を解除したEMIがバンドとのアルバム契約を消化するためにリリースされた。このため「In Rainbows」から今作に収録されている楽曲は無い。
またミュージックビデオを収録した同タイトルのDVDも発売されている。

シングルを中心に収録されているのでRadiohead入門編としては最適な一枚。Radioheadはオリジナルアルバムを聞かないと良さが伝わらない!とかバンドの意向を無視したアルバム!とか色々批判されているが、アルバム毎で作風が変わるバンドなので手っ取り早くRadioheadというのはどういうバンドなのかと知るためには良いと思う。


1stアルバム収録の「Creep」のヒット以降、そのイメージからの脱却を図るようにサイケデリックだったり、エレクトロニクスだったりといろんなジャンルの音楽を積極的に取り入れきたバンドなだけあって多彩も多彩。この多彩さはオリジナルアルバムを順々に聞いていったほうが伝わるが、シングルだけでも十分伝わると思う。
また前衛的なアプローチのサウンドも多く見られるが、基本的にはバンドサウンド+美メロの組み合わせなので一般的なイメージほど 取っつきにくくは無くむしろ聞きやすいんじゃないだろうか。
(今作は美メロが最大限に発揮されている2nd「The Bends」からの選曲が多い)


ちなみに今作は2枚組のタイプのものもあるけど1枚だけのモノでも十分有名どころの曲はカバーできる。

評価
88点

Creep


Paranoid Android


No Surprises



posted by Shouta at 17:46| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする