2016年06月30日

Franz Ferdinand「Franz Ferdinand」レビュー

フランツ・フェルディナンド - フランツ・フェルディナンド
フランツ・フェルディナンド - フランツ・フェルディナンド

フランツ・フェルディナンド - フランツ・フェルディナンド
フランツ・フェルディナンド - フランツ・フェルディナンド

Franz Ferdinand - Franz Ferdinand
Franz Ferdinand - Franz Ferdinand

2004年2月9日発売


曲目
1.Jacqueline
2.Tell Her Tonight
3.Take Me Out
4.The Dark Of The Matinee
5.Auf Asche
6.Cheating On You
7.This Fire
8.Darts Of Pleasure
9.Michael
10.Come On Home
11.40'


順位
・3位(UK)
・32位(US)


レビュー
・Franz Ferdinand 1stアルバム。
デビューアルバムである今作が400万枚を越える大ヒットを記録、その年のブリットアワードを初めとする数々の音楽賞を獲得した。

ポップなメロディーラインにガッツリとしたギターのリフとダンスビート、そこにチープなシンセを重ねた"踊れるロック"を体現したアルバム。

こういうジャンルをニューウェイブと言うらしいんだけどその辺はよく分からない・・・汗
ただ 彼らがデビューした頃に巻き起こっていたガレージロックリバイバル的な影響も感じるサウンドだし、ニューウェイブっていうのがそもそも80年代に流行したものらしいので 最新!流行!といった感じよりかはガレージロックやニューウェイブなどからのキチンとしたルーツを感じるサウンドでちょっと古い感じ(褒め言葉)。ダンスミュージックを取り入れたことでガレージロックリバイバル勢とも差別化できてるし、曲展開も凝っていて面白い、加えてメロディもしっかりとキャッチーで聞きやすかった。

そして何より凄いのが「Take Me Out」

とびきりのポップさと強烈なリフ、2曲を繋げて1曲にしたような展開。
この衝撃に勝てる曲はアルバムには無かったが、これが気に入ったなら今作を聞いても損は無いと思う。




評価
85点

This Fire


Michael

posted by Shouta at 18:53| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする