2016年07月06日

Radiohead「The King of Limbs」レビュー

The King of Limbs - Radiohead
The King of Limbs - Radiohead

ザ・キング・オブ・リムス - レディオヘッド
ザ・キング・オブ・リムス - レディオヘッド
2011年2月18日発売


曲目
1.Bloom
2.Morning Mr Magpie
3.Little By Little
4.Feral
5.Lotus Flower
6.Codex
7.Give Up The Ghost
8.Separator


順位
・7位(UK)
・3位(US)


レビュー
・Radiohead 8thアルバム。
2011年2月14日に突如アルバム完成を報告、そこからわずか4日後には配信でのリリースが開始された。
日本盤のCDがリリースされたのは4月6日となった。

ダブステップ的なアプローチを全面に出してロックバンド感はほぼゼロとなっている今作。
・・・書いててアレだけどそもそもダブステップとは何か?というのがまず分からんですけど(笑)一種のダンスミュージックという理解で多分合ってると思います。
ただ内省的な雰囲気であまり踊れる気がしないダンスミュージックだったりする。従来のレディオヘッドのイメージとは異なる作風でもあるし。
まぁ こういったダンスミュージックのリズム感をバンドとして再現してしまうあたりバンドとしてのポテンシャルの高さを感じるし、聴きごたえも非常にあって割と印象は悪くない。こういうジャンルの曲は普段聞かないので「こんなのもあるのか!」とむしろ新鮮味すら感じた。


トムヨークが踊る謎PVも面白いしね。

ただギターロック的なレディオヘッドは全く皆無なのでなんじゃこりゃ!?と思うファンも絶対多いと思う。
そもそもダンスミュージックなので歌モノの曲がとても少ないし、えらく取っつきにくい。

個人的に新鮮さもあって全然アリなアルバムなんだけど
賛否両論があるのも納得してしまうような難解さ、これがこのアルバムの良い点でもあり悪い点なんだろうなと。

評価
80点

Bloom



Little by Little
posted by Shouta at 22:30| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする