2016年08月15日

Radiohead「A Moon Shaped Pool」レビュー

A MOON SHAPED POOL - RADIOHEAD
A MOON SHAPED POOL - RADIOHEAD

2016年5月8日発売(配信)
2016年6月17日発売(CD)


曲目
1.Burn The Witch
2.Daydreaming
3.Decks Dark
4.Desert Island Disk
5.Ful Stop
6.Glass Eyes
7.Identikit
8.The Numbers
9.Present Tense
10.Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief
11.True Love Waits


順位
・1位(UK)
・3位(US)


レビュー
・Radiohead 9thアルバム。
前作から5年ぶりの新作。一度ソーシャルメディアからRadioheadが消え、その後「Burn The Witch」「Daydreaming」が立て続けに公開されその数日後に配信でアルバムがリリースされた。
CDとしての発売は6月になってからとなった。

ダブステップをメインに据えた前作から一転、ストリングスを大々的にフューチャーした作風へ変化
先行で公開された「Burn The Witch」がその最も顕著な例だ。
ただ一概にストリングスアレンジといってもただ大げさに盛り上げるだけでなく、バンドサウンドやエレクトロサウンドと絡めた効果的なアレンジとなっているのが良かった。
前作のダブストップ路線も数曲だが存在しており、アルバム内のアクセントとして良い味を出している。

また前作は歌モノの曲が無かったが、今作は「Burn The Witch」「Desert Island Disk」「Identikit」「Present Tense」のように美メロがメインの歌モノの曲がわりかし多く聞きやすい。20年以上前に制作されライブで披露していたもののレコーディングしてなかった「True Love Waits」をはじめ、未発表曲が満を持して収録されているというから聞きやすいっていうのはあるのかもしれない。特に「True Love Waits」は全盛期に作られた曲なのでメロディーのキレが他の曲と異なっている。


一方、歌詞の内容は凄くパーソナルでトムヨークの離婚、プロデューサーのナイジェルゴッドリッチの父親の死去が確実に影響されているであろう内省的な作風になっていて、全体的に重たい雰囲気を感じるのも今作の特徴。この内省的な作風が今回メインに据えたストリングスアレンジと美メロにマッチしていてアルバムとしての一体感も感じられる。

相変わらずロックバンドからは遠ざかっている路線であるけど(現状「In Rainbows」収録の「Bodysnatchers」がロックバンドとして最後の曲)
もともとRadioheadはゴリゴリのロックバンドでは無かったし、美メロと前衛的なサウンドアプローチが評価されていたのでそういった意味で今作のような作品はある意味"らしい"アルバムなのかなと思う。


評価
90点

Daydreaming


True Love Waits (今作収録のVer.ではない)



posted by Shouta at 17:50| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

8/6 KHB七夕フェスタ2016 ライブレポート


ROCK IN JAPAN FESTIVALでAqua Timezが出演、入場規制がかかるほどの盛況ぶりだったとのことですが
その前に行われたKHBの七夕フェスタの無料ライブに行ってまいりました。

もちろん
目的はAqua Timezです。

もうライブから時間も経ってしまっているので
軽いレポで。

8/6出演のアーティストは
リアクション ザ ブッタ
Wake Up, Girls!
Gacharic Spin
CHiCO with HoneyWorks
空想委員会
Aqua Timez

今年は割と有名なアーティストが呼ばれてますね・・・
今回ライブを見たのは「空想委員会」からです。


空想委員会
セットリスト
0.ビジョン含め数曲(リハーサル)
1.劇的夏革命
2.難攻不落ガール
3.悪天ロックフェスティバル
4.純愛、故に性悪説
5.単独飛行少年史

バンドの名前だけは知っているなぁ〜と思ってたけど
数年前にTSUTAYAの無料レンタルで音源だけは持ってましたね。その中に今回披露された「単独飛行少年史」も入ってたんだけどちゃんと聞いてなかったので知らなかった・・・。

ギターの人が宮城出身・・・だったかな?
ガンガン客を煽っていて曲自体は知らなかったけど「悪天ロックフェスティバル」の手拍子を交えたコール&レスポンス的なものがあったりして非常に楽しいライブだった。



・Aqua Timez
0.Mr.ロードランナー、決意の朝に(インスト&リハーサル)
1.虹(Short Ver.)
2.等身大のラブソング(Short Ver.)
3.ALONES
4.MASK
5.We Must
6.決意の朝に
7.生きて
アンコール
8.12月のひまわり

太志のヴォーカルの調子は・・・やや不調気味。OKPをいじるトークもいつになくぞんざい。
そういった意味では気になる部分が結構あったんだけど
We Mustは初めてライブで聞けたし、10月リリース予定の新曲「12月のひまわり」も聞くことが出来た。
特に「12月のひまわり」は想像以上に良い曲だったのでリリースに期待が高まる(みんな買ってね)



posted by Shouta at 15:19| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

ROUND TABLE featuring Nino「Nino」レビュー

Nino - ROUND TABLE featuring Nino
Nino - ROUND TABLE featuring Nino

2006年8月30日発売


曲目
1.Be Your Girl
2.Groovin' Magic
3.パズル (extra hot mix)
4.夏待ち
5.Message
6.Just For You
7.潮騒
8.ハローグッバイ
9.Sunny Side Hill
10.Stay With Me
11.Rainbow
12.Just A Little


順位
・49位


レビュー
・ROUND TABLE featuring Nino 2ndアルバム。
北川勝利と伊藤利恵子の2人によって結成されたユニットROUND TABLE。
2002年からはゲストボーカルのNinoを迎えて「ROUND TABLE featuring Nino」として活動しており、その2枚目のアルバムが今作となる。

このグループを知ったのは「ARIA」というアニメがきっかけでその爽やかなメロディーと心地よいサウンドに一耳惚れ。
コンパクトでオシャレなサウンドはいわゆる渋谷系というジャンルに含まれると思うが、「ROUND TABLE featuring Nino」名義ではアニメ関係の曲を多く手掛けているだけあってメロディーが飛び抜けてキャッチー。歌詞の可愛らしさもあって物凄くキュートなポップスに仕上がっている。

前作「APRIL」の時点でサウンドとしてはだいぶ完成はされていたけど、今作では夏らしい爽やかさがアルバム全体に感じられるようになっている。タイアップした「ARIA」がそういった夏のイメージが強い作品なのでその影響っていうのもあるかもしれないけど・・・。
この爽やかさは今の季節にはピッタリ、海沿いを歩いたりドライブしたりしながら聞きたい1枚。


評価
88点

パズル



夏待ち





posted by Shouta at 15:18| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする