2016年08月03日

コブクロ「TIMELESS WORLD」レビュー

TIMELESS WORLD(初回限定盤) - コブクロ
TIMELESS WORLD(初回限定盤) - コブクロ


TIMELESS WORLD(通常盤) - コブクロ
TIMELESS WORLD(通常盤) - コブクロ
2016年6月15日発売


曲目
1.SUNRISE
2.未来
3.何故、旅をするのだろう
4.tOKi meki
5.SNIFF OUT!
6.サイ(レ)ン
7.hana
8.星が綺麗な夜でした
9.Twilight
10.Tearless
11.陽だまりの道
12.42.195km
13.奇跡
14.NO PAIN, NO GAIN feat. 布袋寅泰
15.STAGE


順位
・2位


売上
・初動 11.4万枚



レビュー
・コブクロ 9thアルバム。
前作から2年6か月ぶりのアルバムリリースで配信限定シングルを含めて7曲のシングルが収録されている。
また今作のタイトル、ジャケ写は05年作の「NAMELESS WORLD」と引っかかったものとなっており、今作のジャケットフィルムを『NAMELESS WORLD』のアルバムジャケットに重ねると、新たなデザインを楽しめる仕様になっている

コブクロはシングルを全く追っていなかったのでちゃんと聞くのは前作「One Song From Two Hearts」以来。シングルカットしまくって「サイ(レ)ン 」「Tearless」以外の全曲にタイアップがついてることや約10年前の大ヒット作「桜」と今作からのシングル「未来」のジャケ写を繋がりを感じるモノにしたりしてるところからヒットを狙いに行ってる感じが伺える今作。
正直「未来」と「桜」を同じ位置では並べられないな〜と思ってたし、今作のタイトルが05年の「NAMELESS WORLD」と引っかかってると聞いたときは名前負けしないか不安だった。
結論から言うと さすがに全盛期ど真ん中の「桜」「NAMELESS WORLD」には届いていないけどかなりの力作でした

相変わらずストリングスは満遍なくかかってるけど、今までに比べると1歩2歩ほど後退してて そのおかげで今まで押し殺されてきただろう楽器たちが生き生きとして聞こえてくる。特にバンドとしてサウンドが結構しっかり鳴ってるのが聴けたのは嬉しかった。
ストリングス多用病から解放されてアレンジもスッキリしたおかげか、全体的に聞きやすくもなっているのも特徴だ。
小渕の調子が良いのか楽曲面もかなり充実しており、シングルカットしまくってたこともあってどの曲も一発で引き込むようなメロディーが展開されていて凄く良い。特にコブクロの真骨頂とも言えるバラードはアレンジのスッキリさもあってかいつにも増して良く聞こえた
黒田作のデジタルロック風味の「Tearless」も異色だが、かなりインパクトがあって凄く良い。というか黒田作の中では一番好き・・かもしれない(笑)

相変わらずの曲数と再生時間だけど、その割にはスンナリ聞けたし、期待以上の出来だった。さすがに「桜」みたいなキャリアを代表する曲は無いけど、もしかしたらこのまま行けばもう1発ヒット曲を放てそうだ。



評価
88点

未来


奇跡



NO PAIN, NO GAIN feat. 布袋寅泰

posted by Shouta at 22:58| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする