2016年08月09日

Galileo Galilei「PORTAL」レビュー

PORTAL(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei
PORTAL(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei

PORTAL - Galileo Galilei
PORTAL - Galileo Galilei

2012年1月25日発売


曲目
1.Imaginary Friends
2.老人と海
3.Kite
4.Swimming 。
5.さよならフロンティア
6.Freud
7.Good Shoes
8.明日へ
9.星を落とす
10.Blue River Side Alone
11.青い栞
12.スワン
13.花の狼
14.くじらの骨



週間順位
・最高10位



レビュー
・Galileo Galilei 2ndアルバム。
前作から1年ぶりのアルバムでキーボードの野口が加入した5人体制として初のアルバムとなっている。なお今作を最後にギターの岩井のキーボードと野口が脱退しているので結果として5人体制での最後のリリースにもなった。今作はメンバーによるセルフプロデュースによる制作でプライベートスタジオ・わんわんスタジオにてベッドルームレコーディングされた。

「青い栞」が気になって借りてみたんだけど・・・
このバンドはてっきりギターロックバンドだと思っていたので少々面食らった
一応バンドサウンドなんだけど 全編にわたって打ち込みサウンドが響き渡り、エレクトロニクスの要素が強いものとなってる。
ただ2ndアルバムにして一気に舵を切りすぎたような・・・というのが最初に書いたときの感想。

改めて聞いてみると1stアルバムからの急激な変化っぷりは凄いなぁと思う。
プライベートスタジオでメンバーだけで作ったアルバムなだけあって開放的では無く、確実に内に向いてる作風だ。シンセをふんだんに導入したエレクトロサウンドも一見明るくは聞こえるけど、メロディーが淡々としていて歌詞も文学的で抽象的。なんだか掴みどころのない感じではあるけど、幻想的な世界観が構成されている。シングルを除いて決してキャッチーでは無いと思う。ギターロックバンドというパブリックイメージとは違い過ぎるし、今作でファンが離れてしまったのも仕方ないかなぁ・・・。

逆に言うと分厚いシンセサウンドの1曲目の「Imaginary Friends」が踏み絵的なもので、これが受け入れられたなら今作は最高に感じられると思う。
事実今作をGalileo Galileiの最高傑作として挙げる人も多いようだし
エレクトロサウンドの中にもシューゲイザー、ダンスミュージック的なアプローチも感じられるし、聴きごたえがある。
結果的にここまでエレクトロに傾倒したのは今作限りだし、今作にしかないタイプの曲も多いので
今では「2ndアルバムにして一気に舵を切りすぎた」という感想も無くなり、すっかり愛聴盤に。



評価
92点

青い栞



明日へ



星を落とす

posted by Shouta at 13:57| Comment(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする