2016年09月11日

Galileo Galilei ALLシングルレビュー part2



続いていきましょう。

4th single 青い栞
2011年6月15日
青い栞 - Galileo Galilei
青い栞 - Galileo Galilei
大反響を呼び、実写ドラマ版、劇場版も制作された大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 のOP。
この曲で初のTOP10入りを果たしており(結果としてシングルとしては最初で最後)タイアップ効果もあり、おそらく最も知名度の高い楽曲がこの曲だと思う。ちなみにこの曲のMVはアニメの舞台である秩父市で撮影された。
これまでのシングルとは大きく変わり、ガッツリギターが鳴り響く!ようなロックバンドとしてのサウンドでは無くなっている。
イントロのポロロン♪というのはカリンバという民族楽器らしいが、それをディレイなどかけてエレクトロっぽい要素として楽曲に組み込んでいることに始まり、音楽的な物凄い広がりを感じる。
曲構成も2番で女性コーラスを迎えて対話しているような交互に唄う部分があり、さらにそこからも溜めて溜めてラストサビ!みたいな一般的なJ-POP的な曲構成から外れた作り。これがなんでも「あの花」好きからは不評らしいんだけど・・・喪失感を描いた歌詞も相まってこの曲展開はこれ以上ないくらいタイアップにあってたと思うんだけどなぁ〜。個人的にはOP用に編集されたshort ver.は淡泊過ぎてあんまり好きじゃない・・・

ここに来て大きく方向性を変えた1曲だけど、個人的には「青い栞」からのGalileo Galileiが好きで。
その最初の一手となった「青い栞」は今も昔も一番好きな曲
★★★★★


・C/W SGP
仮タイトルの「スーパーゴールデンフェニックス」の頭文字がそのままタイトルになっている。
初っ端から分厚いシンセが鳴り響いて驚かされる1曲。今後に作品に比べるとまだバンドサウンドを中心に展開しているけどそれでも今までに比べてサウンドのアプローチも違っている。★★★☆☆

・C/W スワン
2ndアルバム「PORTAL」にも収録された。軽やかなギターのフレーズが心地よく、気だるげな歌い方も曲にマッチしていて良い。確かにC/Wにしておくままでは勿体ない1曲だと思う。★★★★☆


5th single さよならフロンティア
2011年9月7日
さよならフロンティア - Galileo Galilei
さよならフロンティア - Galileo Galilei
ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」主題歌。
フワフワとしたシンセサウンド中心のポップスで前作と比べても一気にロック感が抜けた感じがする。今までのシングルでは尾崎雄貴だけが曲を作っていたが、今回の曲はベースの佐孝仁司が作曲に加わっているのも変化の一因かな?MVでメンバーがシンセやらPCをいじってるし。
★★★☆☆


・C/W 4
インストナンバー。ダンスミュージック交じりのアプローチでのインストで1stアルバムの頃のインストに比べると音も洗練されてインストとしてだいぶ聞きやすくなったと思う。
★★★☆☆

・C/W くそったれども
曲名から想像するとガッツリしたロックチューンかと思われるが、前作C/Wの「スワン」路線のサウンドの軽やかさが心地よいナンバー。★★★☆☆


6th single 明日へ
2011年12月7日
明日へ - Galileo Galilei
明日へ - Galileo Galilei
アニメ『機動戦士ガンダムAGE』OP。
パッと聞いてロボット系のアニメOPに起用されていたとは思えない・・・
浮遊感のあるリズムでハウスミュージック、ダンスミュージックを取り入れたサウンドが特徴的。声も加工が入っててシングルの中では一番エレクトロ方面に振り切った曲だと思う。
かといってバンドサウンドをないがしろにしてるわけでは無く上手く融合されているのがこの曲の凄いところ。
初期のギターロック路線からは想像も出来ない方向性だが、もともとメンバーの初めてハマった洋楽がRadioheadの「Kid A」だったらしいのでそれを考えると別に不思議ではないかなぁ?
★★★★☆


・C/W ぷにぷにわんちゃん
バキバキでデジタリックなインスト。こういうのをハウスミュージックっていうんじゃないかな?
少なくともJ-POPの範疇ではないし、邦楽というか洋楽の域に達してると思う。
単純にあんまり好みじゃない・・・。★☆☆☆☆

・C/W マーブル
全編にわたって鳴り響く色鮮やかなシンセサウンドが楽曲をポップに仕上げているナンバー。なんだかんだ言ってこのシングルが一番バンド史上攻めていった作品じゃないかなと思う。★★★☆☆


2nd Album「PORTAL」
2012年1月25日

Imaginary Friends
PORTAL - Galileo Galilei
PORTAL - Galileo Galilei
全作品の中でも一番じゃないかと思うくらいシンセサイザーが多用された曲。
2ndアルバム「PORTAL」のオープニングを飾る曲で2ndアルバムを好きになれるかの踏み絵的な曲であり、アルバムとしての作風を1曲にグッと閉じ込めたような音楽性だと思う。
★★★★☆


星を落とす
PORTAL - Galileo Galilei
PORTAL - Galileo Galilei
シンセサウンドが中心なのが「PORTAL」の作風としてあるのは良いんだけどその中で様々なジャンルのアプローチが見える。「星を落とす」は全体的にシューゲイザーの色が強い楽曲で浮遊感と残響感のあるサウンドが特徴的だ。
★★★★☆



2ndminiアルバム「Baby, It's Cold Outside 」
2012年10月31日

リジー
Baby,It's Cold Outside - Galileo Galilei
Baby,It's Cold Outside - Galileo Galilei
2ndアルバム「PORTAL」を最後に岩井郁人と野口一雅が脱退、3人体制になってから初の作品が「Baby, It's Cold Outside」となる。
「リジー」はアルバムで唯一MVが作られたリードトラック的楽曲。ジャケ写にもなっている少女がMVにも出演している。エレクトロ路線を引き継いだ曲で歌詞も抽象的ではあるが、明らかに内向きな暗い内容。メンバー脱退の影響かな?
それとは相対的な可愛らしく幻想的なポップさが魅力的でもある1曲。
★★★★☆


夢に唄えば
Baby,It's Cold Outside - Galileo Galilei
Baby,It's Cold Outside - Galileo Galilei
ベスト盤にも収録されたアルバムのラストナンバー。ベスト盤発売の際に一番思い入れの深い曲として尾崎和樹がこの曲を挙げている。
この曲に関してはエレクトロ要素は極力排してバンドサウンドのみで再現できそうな曲。ただガッツリギターを響かせるという感じでは無く、音数減らしたシンプルな演奏で気怠さすら感じ取れる。
なんだかんだ言って今作はメンバー脱退による喪失感を感じる1作だなぁ。
★★★★☆

posted by Shouta at 11:11| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする