2016年10月30日

Spotifyについて


ついに9月に日本上陸した音楽ストリーミング配信サービス・Spotify!

日本では招待コードのリクエストをして、招待コードが届いたらサイトにアクセス、
そこで登録して音楽が聞けるようになるといった感じ。
ようやくわたくしのもとにも招待コードが来ました・・・

一応サービスには広告付きの無料のもの、月額制のものの2種類があり
後者はプレイヤーに保存してオフラインでも使えたり、シャッフル機能を使えたりするようですが、
基本的には前者の広告付きの無料ので事が足りると思います。

ストリーミングサービスは他にもApple Music、LINE MUSICがありますが、
Spotifyは日本解禁がかなり遅め。招待コード送らないと聞けないっていうめんどくささもあって日本でも利用率は高く無さげ。
日本チャートでも上位にランクインしてるのは日本ではヒットしてないような洋楽ばかりな現状・・・。
日本アーティストの有名どころを全部捉えてきれているわけではないっていうのもSpotifyが日本ではイマイチな一因なのかも。

でも無料で1500万曲を超える楽曲を聞ける!というのは大きいですね。
今 誰が売れてるのか、世界で何がヒットしているのか簡単に把握できるので
いちいち海外のビルボードチャートチェックする必要も無いっていうのが個人的には良い!
国内盤が出てないのをわざわざ輸入盤取り寄せて聞く必要も無いですし、そういった意味では素晴らしいツールだと思いますよ。


個人的にSpotifyを中心に音楽を聴くことにはならないでしょうね
無料だと数曲おきに流れる広告がうざい(飛ばせない)っていうのもありますけど
一番はSpotifyだとアーティスト側に収益があまり入らないということ、これが引っかかります。
Radioheadのトムヨークも「このシステムでは弱小レーベルや新人アーティストに十分な報酬が入らない」と語っています。彼のようなすでに世界的に成功を収めているバンドなら大丈夫でしょうけど
この無料で聴けてしまい、アーティスト側に収益があまり入らないSpotifyの形が世界のスタンダードになってしまうのはマズいだろうなとは凄く思います
言いたいことはこの記事にすべてあります
http://ro69.jp/news/detail/85329

この前に日本ではHi-STANDARDが宣伝なしに急遽CDを発売して爆発的な売り上げを記録して
SNSなどで「こういった売り方こそが正しいあり方だ!」みたいな意見が見られましたが、
ストリーミングが配信が今後音楽を聴く主流になっていくことは確実、
CDで売る方法が時代遅れになっていくものなんだろうなぁ〜とは思います。
その過程の中でストリーミングと配信といった形は受け入れなきゃいけないものになるでしょうね。(今後オリコンの集計方法も変わってビルボードのような集計になるかも)

にしてもSpotifyは現状の体制ではアーティスト側には良くないことばかり。
音楽だけで食べていくというのが難しくなってくる時代だからこそ、ちゃんとした体制を作らないとダメでしょ。

Spotifyを使うメリットも上記のようにもちろんあるので
音楽を聴く上のカタログとして使っていく感じですね、私の場合は。
おいおい、あんだけSpotifyのダメなとこ挙げといて使うのかよ!っていうのは、ごめんなさい(笑)

posted by Shouta at 22:15| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする