2016年11月04日

ROUND TABLE featuring Nino「Distance」レビュー

Distance - ARRAY(0xd51df28)
Distance - ARRAY(0xd51df28)

2008年12月24日発売

曲目
1.Long Distance
2.恋をしてる
3.Sayonara
4.あたしだって同じこと思ってるよ
5.Sunny Day
6.時を越えて
7.眠れない夜
8.茜色センチメンタル
9.Oh! Yeah!(New Year's Mix)
10.普通の事
11.ナガレボシ
12.横顔
13.宝物
14.Long Distance –reprise-


レビュー
・ROUND TABLE featuring Nino 3rdアルバム。
2年4カ月ぶりとなるアルバム。シングルをはじめ、サウンドトラック盤「CLAMP IN WONDERLAND 1&2 主題歌コレクション<PRECIOUS SONGS>」に提供された「Oh! Yeah!!」のNEWミックス、以前デモ音源で収録された「宝物」の完成版などが収録されている。
なお2012年にリリースしたベストアルバムで"ROUND TABLE featuring Nino"としての活動を休止しているため今作が現時点での最新のオリジナルアルバムとなっている。

夏らしい爽やかさを感じた前作「Nino」に比べるとシットリした暖かいミディアムナンバーが多く、秋から冬にかけての寒い季節にグッとくるようなアルバムに仕上がっていた
アレンジも渋谷系、シティーポップの影響はだいぶ抜けた感じで オシャレさを感じつつもかなり落ち着いたサウンドメイクになっている。そんな中で「ナガレボシ」のようなアップテンポの曲はバラード一辺倒にならず、アクセントになっていて良い感じだ。
また個人的にROUND TABLE featuring Ninoとはバラード曲「Rainbow」で出会ったこともあって、「Nino」のような爽やかな方向よりもシットリ聞かせた方向性のが合ってると思っていたので今作の作風は好みど真ん中だった。
逆にシットリしすぎてダメだっていう人もいるようなのでこの辺はこのグループに何を求めるか、でかなり違った印象を持つんじゃないかなと思う。


評価
90点

茜色センチメンタル


ナガレボシ


横顔





posted by Shouta at 20:02| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする