2016年11月05日

Justin Bieber「Purpose」レビュー

Purpose - Justin Bieber
Purpose - Justin Bieber

パーパス~ジャパン・スーパー・デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付) - ジャスティン・ビーバー
パーパス~ジャパン・スーパー・デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付) - ジャスティン・ビーバー

2015年11月13日発売


曲目
1.Mark My Words
2.I'll Show You
3.What Do You Mean?
4.Sorry
5.Love Yourself
6.Company
7.No Pressure(featuring Big Sean)
8.No Sense(featuring Travi$ Scott)
9.The Feeling(featuring Halsey)
10.Life Is Worth Living
11.Where Are Ü Now (with Diplo and Skrillex)
12.Children
13.Purpose

Deluxe edition
14.Been You
15.Get Used to It
16.We Are(featuring Nas)
17.Trust
18.All in It
Japan bonus tracks
19.Hit the Ground
20.The Most
21.Home to Mama(with Cody Simpson)


順位
・1位(UK,US)

売上
・170万枚(US)
・100万枚(UK)
・450万枚(全世界)


レビュー
・Justin Bieber 4thアルバム。
2013年に「Journals」「Believe Acoustic」をリリースしていたが、オリジナルアルバム自体は前作から3年ぶり。
先行シングル「What Do You Mean?」で初の全米,全英1位を記録、続く「Sorry」「Love Yourself」でも全米,全英1位を記録して文字通り大ヒットを記録した。アルバムも前作を上回るヒットを記録した。

その立ち振る舞いのせいで世界的にアンチを生んでしまい、日本でもすっかりお騒がせアイドルという認識が広まってしまった感のあるJustin Bieber。
ぶっちゃけた話、今作はそこまで売れないんじゃないかな?って思ってたんだけど蓋を開けてみればヒットの連発。すっかり今作でお騒がせアイドルからいちアーティストにジョブチェンジ、Justin Bieberの凄さを再認識させられた。
アルバムは基本的に流行のダンスミュージックを取り入れた路線で 有名どころで言うとSkrillexなんかも参加している。といってもバキバキのEDMではなくJustin Bieberの歌をメインに据えたサウンドプロデュースに仕上がっているのが特徴的
元々彼の歌唱力が評価されてデビューに繋がったのだが、ノリの良いビートに乗りこなすJustinの歌唱が心地よく響いてくるというのが凄く良かった。その最もたる例は「Sorry」かなと思う。

いわゆるEDMではあるけれどJustinの強みが歌、ということを今作に参加した方々はよく分かってる。
Ed Sheeranが参加した「Love Yourself」やタイトル曲「Purpose」といったバラードはこれでもかというくらいの歌唱を堪能できるのでもっとこういった路線の曲を聞きたかったかな〜という思いもあるけど
個人的には彼の認識を改めることが出来たというだけでも今作を聞いた価値はあった、今後も彼の曲は楽しみにしていきたいなと思う。




評価
87点

Love Yourself


What Do You Mean?


Purpose

posted by Shouta at 22:52| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする