2016年12月30日

2015年度 (超個人的)音楽ランキング 楽曲編(邦楽) part2


1位 12月のひまわり /Aqua Timez
12月のひまわり(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
12月のひまわり(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez

自分が好きだった 求めていたAqua Timezがそこにいた。これぞ真骨頂、文句なしの今年のマイベストソングです。

2位 ninelie /Aimer with chelly(EGOIST)
ninelie(期間生産限定盤)(DVD付) - Aimer
ninelie(期間生産限定盤)(DVD付) - Aimer

今年の前期を飾る設定ガバガバアニメ「甲鉄城のカバネリ」のED
同作でOPを担当していたchelly(EGOIST)がこの曲でも参加している。
今年はいろんな提供者の曲を歌ってたけど、澤野弘之が提供したAimerらしさをもっとも捉えていたであろうこのバラードがダントツで良かった。ロキノン寄りになるのは良いけど、やっぱりAimerの声が映えるのはアニソンのキャッチーさがあってこそだと思う。

3位 なんでもないや/RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS
アニメ映画「君の名は。」を壮大に締めくくるクロージングナンバー。この曲だけoriginal verが行方不明(当初は「人間開花」に入るっぽかったけど蓋を開けてみると外されてた)なんだけど、いつか聞けるのだろうか?
楽曲の方はエンディングにかかるというだけあって壮大なバラード。歌詞を「君の名は。」に寄せつつも、RADWIMPSっぽい曲構成で上手いことタイアップを自分の中に取り込んでる楽曲だなぁと感じる。
いやぁそれにしてもラスト付近で桜が舞ってるところ見たときはヒヤヒヤしたけどハッピーエンドで良かった・・・。


4位 Imagine day,Imagine life! /小松未可子
Imagine day, Imagine life! (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子
Imagine day, Imagine life! (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子

Q-MHzを聞いたときから「小松未可子のソロをプロデュースしてくれないかな〜」と思ってたので今回のシングルはまさに理想のコラボ。Q-MHzがこれでもか!というくらい小松未可子のヴォーカルの魅力を引き出してます。来年出るアルバムも期待しかない。

5位 前前前世 /RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS

「君の前前前世から僕は〜♪」のフレーズがTVでかかりまくっていて今年おそらく最もヒットしたであろう楽曲の1つ。実は「君の名は。」では挿入歌的な使われ方しかされていないので実は「スパークル」「なんでもないや」よりも劇中でのインパクトは薄かったりする。
でもRADWIMPSでここまで突き抜けて明るいポップロックで来るとは正直思ってなかった。完全に「君の名は。」で一皮むけたなぁ〜と。

6位 short hair EGOIST/Q-MHz feat.小松未可子
Q-MHz - Q-MHz
Q-MHz - Q-MHz
小松未可子歌唱曲。ユニゾンの田淵がおそらく作曲したんだろうなぁといった感じだけどユニゾンのハチャメチャ感が小松未可子のヴォーカルにマッチしていて素晴らしかった。

7位 ふたり少女/てこぴかり
TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 - てこぴかり(茅野愛衣&鈴木絵理)
TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 - てこぴかり(茅野愛衣&鈴木絵理)

アニメ化発表から大きな期待をもって待っていた「あまんちゅ」。作品の方もおそらくファンの期待を裏切らないものになったかと思います。さて、同原作者の「ARIA」のアニメが音楽が重要な要素になっていたことからか「あまんちゅ」でも音楽にはかなり力が入ってるんじゃないかな?と。OPの坂本真綾の曲も良いですし、サントラはゴンチチ。その中でもEDの「ふたり少女」があまんちゅの素敵な世界観をこれ以上ないってくらいに表現してくれてました。あと茅野さん歌上手いっすね。


8位 アスナロウ/Aqua Timez
アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez

まさかアルバムの先行でこんなミクスチャー感の強い曲を出してくるとは・・・
ロックバンドとして一層たくましくなった彼らが初期のテイストを盛り込んだラップinのミクスチャーロックを仕上げてくれたんだから素晴らしいくらいにカッコいい。アルバムでもこの路線をもう1曲くらい聞きたかったかも?

9位 愛! wanna be with you... /TOKIO
愛! wanna be with you...(初回限定盤)(DVD付) - TOKIO
愛! wanna be with you...(初回限定盤)(DVD付) - TOKIO
何年ぶり?のTOKIO編曲が登場。
ハードロックテイストが多かった長瀬には珍しくポップなパンクチューンで突き抜けていくようなバンドサウンドが心地よい。これまた何年振りかの山口ソロパートがあるし、長瀬以外のヴォーカルが聞けるのもポイント高い。Simple Planの「Onion Overload」っぽさがプンプンだけど長瀬は割とよく影響元の要素をガンガン出していくタイプっぽいけど・・・どっちも良い曲だからまぁいいでしょ


10位 同級生/押尾コータロー with Yuuki Ozaki (from Galileo Galilei)
同級生 -
同級生 -
BLアニメ「同級生」主題歌。Galileo Galileiラストベスト「車輪の軸」にも収録されている。
アコースティックでシンプルなバラードで歌詞は何も男同士だけじゃなく、もっと普遍的な意味合いで取ることが出来る・・けど歌詞の中の「数センチ」の表現はちょっと意味深というか。でもこの「数センチ」の使い方はなんか凄く好きだなぁ〜


posted by Shouta at 22:09| Comment(1) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2015年度 (超個人的)音楽ランキング 楽曲編(邦楽) part1


11位 ツッパリくんvs 関取マン /押本ユリ(渡部優衣)・新庄かなえ(三森すずこ)・高宮なすの(鳴海杏子)・板東まりも(花澤香菜)
てーきゅうBEST - ARRAY(0xedb78a8)
てーきゅうBEST - ARRAY(0xedb78a8)

アニメ「てーきゅう」7期OP
歌詞がなんだか終わりっぽさを漂わせてましたけど、結局年末に8期やってましたね・・・(笑)
ツッパリくんvs関取マンという謎タイトルから察せられるような謎テーマな歌詞と中毒性の強いメロディ、これぞてーきゅう!と言えるような1曲に仕上がっていると思います。
てーきゅうっていうアニメ自体2~3分の超短いアニメなので その中でのたかだか数十秒しか流れないOPですけど、おそらくその短さでもグッと引き込むようなとびきりなキャッチーさはホント素晴らしいの一言。


12位 エーキューライセンス/NICO Touches the Walls
勇気も愛もないなんて - NICO Touches the Walls
勇気も愛もないなんて - NICO Touches the Walls

最新アルバム「勇気も愛もないなんて」のリードトラック。正直このライブテイクは微妙なんだけど公式で上がってるのはこれだけなんで勘弁。
ここまでド直球なラブソングはこのバンドにしてはかなり新鮮。突き抜けるようなポップさも心地いいし、ここ数作でポップな曲作りに迷いが無くなったなぁと凄く感じる。

13位 青い血/Galileo Galilei
Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei
Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei

ラストアルバム「Sea and The Darkness」から。
ジャカジャーン♪というギターフレーズが心地いいんだけど、楽曲自体は全体的に内省的な雰囲気を醸し出していて演奏もそのまま2番に移る所なのにまたイントロに戻る・・・みたいなリフレインを意識した構成が特徴的。モヤモヤして抜け出しきらない感じが凄く好き。

14位 Daylight/嵐
I seek / Daylight - 嵐
I seek / Daylight - 嵐
松本潤主演ドラマ「99.9」主題歌。何気に知られてないけど、年末にドクターXが破るまで12回の平均視聴率はこのドラマがトップだったんだよね。(話題の逃げ恥は平均視聴率はそこまで高くないはず)
久々に松潤にも当たりドラマが!といった印象ですけど、主題歌の方も久々に当たりだった気がします。適度にキャッチーで如何にもドラマ主題歌って感じだけど落ちついた雰囲気も残していた良い具合。

15位 サンデーパーク/Aqua Timez
アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
最新アルバム「アスナロウ」収録で軽やかなピアノリフが特徴的なナンバー。
「エルフの涙」以降はこういったポップ方面のアレンジに凄く幅が出るようになって凄く良いなって思ってる。

16位 La fiesta?fiesta! /Q-MHz feat.南條愛乃
Q-MHz - Q-MHz
Q-MHz - Q-MHz
インドチックな雰囲気に乗せて日本語と外国語を混ぜ混ぜした歌詞を歌うアルバムの中でも異色な雰囲気を醸し出してる1曲。まぁfripSideとかではこういうのは絶対やらないだろうな(笑)
ソロでQ-MHzだからこそできた飛び道具的な曲だと思うんだけど、そんなこの曲でもメロディーはとびきりキャッチーなので割とスンナリ聞けてしまう不思議。

17位 スパークル/RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS


私はサビを多用するoriginalより溜めて溜めて最後に1回だけサビが流れるmovie ver.のが好みですね。
はい、今年大ヒットしたアニメ「君の名は。」の最大の盛り上がりの場で流れる挿入歌です。
メロディー自体はキャッチーではないので、これ単体でどうか?というよりかはやっぱり映画と一緒に聞くというのが最善な1曲だと思いますね。

18位 エンジェルナンバー/小松未可子
Imagine day, Imagine life! (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子
Imagine day, Imagine life! (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子
Q-MHzが付いた小松未可子は最強じゃないでしょうか?ってシングル聞いて思いました。
なんというか本人のキャラに合わせた声の活かし方とでも言いましょうかね。アレンジも素晴らしいですね、ホント好みど真ん中でした。
この曲は一応バースデーソングらしいですけどラップっぽい早口パートとか、最後にみかこしが「ハッピーバースデイ!」って叫ぶとことかその辺が好きです。

19位 多分、風/サカナクション
多分、風。 (通常盤[CD]) - サカナクション
多分、風。 (通常盤[CD]) - サカナクション

そろそろ新作アルバムを・・・といった感じのサカナクション。
疾走感あふれるバンドサウンドと爽やかさと夏の日差しを感じさせる、タイアップ先の光景が目に浮かぶような情景豊かな1曲。

20位 夕立方程式/老倉育(井上麻里奈)

単純に老倉さんと井上麻里奈さんのハスキーな声が好きなんですよね。まぁ前者は化物語以降の阿良々木君があんまり好きじゃない裏返しなんですけど。
歌謡曲チックなギターがバックに鳴り響く暗めなナンバーで凄く良い。というか物語シリーズの曲に基本的にハズレは無いっ!

21位 Doo Woop/Scott & Rivers

WeezerのリバースクオモとALLiSTERのスコットマーフィーからならJ-POPを歌うロックバンド。
Weezerに逆輸入されていたJ-POP的なメロディーですけど、こっちは完全にJ-POP。
パワーポップサウンドはやっぱり良いっすね!アルバムも期待

22位 人間ビデオ /ドレスコーズ
人間ビデオ【GANTZ:O盤】 - ドレスコーズ
人間ビデオ【GANTZ:O盤】 - ドレスコーズ

1人体制になってからポップスよりだったけどここにきて一気にガツンと来るロックが来ましたね。志摩遼平はカリスマ性が凄いのでこの方向性でもっとロック書いてほしいなぁ。
キングクリムゾンっぽいギターソロを響かす人間椅子和嶋さんが素晴らしい。

23位 ブラックベリー・ジャム/NONA REEVES
BLACKBERRY JAM - NONA REEVES
BLACKBERRY JAM - NONA REEVES

最近ではバンド外での活動が活発なNONA REEVES。そんな彼らが発表した最新アルバムのリードトラックでゆったりしたR&Bナンバー。ガッツリ80年っぽいスパイス満載でマイケルジャクソンからその辺りに興味を持ち始めた私からするとホント素晴らしいなと感じた。キチンと邦楽っぽくメロディアスな部分を抑えてるのもポイント。

24位 Love me/KEYTALK
Love me(CD+DVD 完全限定生産盤) - KEYTALK
Love me(CD+DVD 完全限定生産盤) - KEYTALK

シングルまでは追っかけてないので最近の動向はあまり知らなかったけど
この新曲はとびきりにポップでアクエリアスとか清涼飲料水のタイアップが取れそうなキャッチーさを兼ね備えていて「これこれ!こんなの聴きたかった!」と思った1曲。
このバンドはこんなキャッチーでポップな曲かけるんだからもっと売れてもいいと思うんだよな(この路線は昔からのファンは好きじゃないのかもしれないけど)

25位 テレキャスター・ストライプ /ポルカドットスティングレイ

PVもといサムネ一本釣りな1曲。可愛らしい女の子がバニーガールっぽいコスプレをしてサビでニャンニャン♪みたいな仕草をする(猫かよ)のは非常に良い。この子がフロントマンっていうもすごく良い。
それでいて毒のある投げやりっぽい歌い方も良い。まぁ曲の良さはPVの良さに付随する形で気づくんだけど、バンドとしての見せ方、宣伝の仕方も重要だなぁと思う1曲。たぶんあのPV、サムネじゃなかったら関連動画クリックしなかったもん。

26位 恋する図形/上坂すみれ
恋する図形(cubic futurismo)【期間限定盤】 - 上坂すみれ
恋する図形(cubic futurismo)【期間限定盤】 - 上坂すみれ

アニメ「この美術部には問題がある」ED
上坂すみれはキャラをめっちゃ作り込んでいて(って言ったら怒られるかな?)ファン層も楽曲の作風も超個性的。ハマれば中毒性が強くて何度も何度も聞くんだけど、個性が強いもんでダメな人はとことんはまらなさそう。そんな上坂すみれ楽曲の中ではわりかしポップだとは思うけどやっぱり歌詞が何言ってるか全然分からん・・・

27位 ストラト/NICO Touches the Walls
ストラト - NICO Touches the Walls
ストラト - NICO Touches the Walls

久々のアルバムが新曲が少ねぇ!って思ってたら間髪入れずシングルがリリースされた。それが今作。
ネオアコっぽいサウンドでトランペットがサビで入ってるのが特徴的。高らかに歌い上げるサビとトランペットが非常にマッチしていて凄く良い。

28位 /星野源
恋 (通常盤) - 星野 源
恋 (通常盤) - 星野 源

逃げ恥のガッキーが可愛いとは聞いてましたけど、逃げ恥は見てません!
というわけで「恋ダンス」で下半期に圧倒的ヒットを記録したナンバー。「SUN」辺りから星野源にスイッチが入ったのか途端に万人受けするようなポップスを書くようになった気がしてるんだけど、「恋」も凄く分かりやすくポップ、そしてダンサンブル。個人的には「SUN」のが好きだけど大ヒットも納得がいく完成度の曲だと思う。

29位 ざらざら/花澤香菜
ざらざら(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
ざらざら(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜

作詞花澤香菜 作曲秦基博のコンビ。お分かりの人はお判りでしょうけどアニメ「言の葉の庭」繋がりです。
楽曲自体は秦基博らしいバラードなんですけど、PVなんかは随所に「言の葉の庭」を意識したようなシーンがあったりして新海誠作品ファンとしては嬉しかったり。そして歌詞は「言の葉の庭」でヒロインを演じた彼女が書いてるのでこれまたシンクロする場所が!

30位 車輪の軸/Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei

活動休止は発表されたGalileo Galileiからの最後の新曲。
後ろ向きさは感じられないサッパリとして歌詞が良い、やっぱりこじれての解散は嫌だなぁと年末は散々感じたので前向きな終わり方をしたGalileo Galileiは良かったと心の底から思うこの頃。





posted by Shouta at 22:55| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

Travis「Singles」レビュー

Singles - Travis
Singles - Travis

シングルズ - トラヴィス
シングルズ - トラヴィス
2004年11月1日発売


曲目
1.Sing
2.Driftwood
3.Writing to Reach You
4.Why Does It Always Rain on Me?
5.Re-Offender
6.Walking in the Sun
7.Tied to the 90's
8.Coming Around
9.Flowers in the Window
10.Love Will Come Through
11.More Than Us
12.Side
13.U16 Girls
14.Happy
15.All I Want to Do Is Rock
16.The Beautiful Occupation
17.Turn
18.The Distance
19.Bring Me Round(Japanese Bonus Track)


順位
・4位


レビュー
・Travis 1stベストアルバム。
4th「12 Memories」リリース後、今までのキャリアに一区切りをつけるためにリリースされた。
その結果 次回作まで3年(オリジナルアルバムとしては4年)を要することとなった。

シングルスというタイトルの通り、今までリリースされてきた全シングルを集めたシングルコレクション
2nd「The Man Who」のSpecial 'Live' Editionのみに収録され、シングルカットもされた「Coming Around」、今作のために書き下ろされた新曲「Walking in the Sun」、ベーシストのダギーがヴォーカルをとった新曲「The Distance」「Bring Me Round」辺りがレアトラックかな?
今聞くと2004年までという中途半端な時期までのシングルしか入っていないのでかなり中途半端な気がしてしまうけど、いわゆる代表曲的な所は今作だけでほとんど網羅できてしまうので初心者には必聴盤
繊細さを感じられる美メロ&内省的なのでポップな明るさはあまりないんだけど、メランコリックな世界観に浸りたい!という人はおススメ。個人的にはシンガロング間違いなしの「Turn」はOasisの「Don't Look Back In Anger」級の大名曲だと思ってます!


また 方向性を変えた「12 Memories」にショックだった方向け?かは分からないけど、美メロの冴え渡る王道ナンバー「Walking in the Sun」が新曲として用意されているのもポイント。
これは今作にしか入ってないのでオリジナルアルバム全部集めても聞いて損なしな1枚でしょうね。

評価
85点

Sing


Why Does It Always Rain On Me?


Flowers In The Window


ラベル:TRAVIS CDアルバム
posted by Shouta at 17:54| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする