2017年01月28日

CHAGE&ASKA「VERY BEST ROLL OVER 20TH」レビュー

VERY BEST ROLL OVER 20TH - CHAGE&ASKA
VERY BEST ROLL OVER 20TH - CHAGE&ASKA

VERY BEST ROLL OVER 20TH - CHAGE&ASKA
VERY BEST ROLL OVER 20TH - CHAGE&ASKA
1999年12月16日発売


曲目
DISC.1
1.ひとり咲き
2.万里の河
3.終章(エピローグ)-追想の主題
4.男と女
5.安息の日々
6.MOON LIGHT BLUES
7.オンリーロンリー
8.モーニングムーン
9.黄昏を待たずに
10.恋人はワイン色
11.WALK
12.LOVE SONG
13.天気予報の恋人
14.PRIDE
15.心のボール

DISC.2
1.DO YA DO
2.太陽と埃の中で
3.SAY YES
4.僕はこの瞳で嘘をつく
5.no no darlin'
6.YAH YAH YAH
7.Sons and Daughters 〜それより僕が伝えたいのは
8.You are free
9.HEART
10.On Your Mark
11.めぐり逢い
12.river
13.NとLの野球帽
14.no doubt

順位
・2位


レビュー
・CHAGE&ASKA 初のコンプリートベスト・アルバム。20周年を記念して出されたものでデビューシングル「ひとり咲き」から最新アルバム収録曲「no doubt」までシングルを中心に選曲されている。


「ひとり咲き」「万里の河」は知っていたが、こんなに演歌チックな曲だと思わなかった・・・。とにかくAKSAの声も全然違うし、言葉遣いも非常に時代を感じる。正直古臭さが物凄いんだけど、その時代はシングルをかなりすっ飛ばして収録しているので6曲目「MOON LIGHT BLUES」にしてもう10枚目のシングルとなっている。ちょうどこの辺りからASKAの声も固まってきた感じで「あーチャゲアス聞いてる」っていう感じになった。
「恋人はワイン色」くらいからは徐々にチャゲアスの人気にブーストが掛かってくる時期に差し掛かるのでこの辺からはグッとヒット性の強い曲が並ぶようになってくる。個人的にも「LOVE SONG」「WALK」あたりがDISC.1では最も印象に残るナンバーだ。
DISC.2からチャゲアス全盛期突入。なぜかミリオンヒット「if」が省かれているが、「SAY YES」「YEAH YEAH YEAH」など代表曲がズラッと並んでおりまさに敵なしといった選曲だ
全体的にミディアム〜バラードが多くて、通しで聞くと結構ダレる・・・というかどれも力作で聞き疲れしちゃうんだけど力作ということもあってなかなかの名曲が揃っている。
といってもミディアム〜バラードが全てじゃないだろうし、CHAGE曲も極端に少ない。オリジナルアルバムは手に取ってないので何とも言えないけど、一面的な部分はあるかな〜と思う。(特にシングルばかりのDISC.2)

ただ 美味しいところは全部抑えてるし、チャゲアス入門の1枚としてはこれ以上ないくらい最適なアルバムだと思う。


評価
86点
posted by Shouta at 17:48| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする