2017年07月26日

The Libertines「Anthems for Doomed Youth」レビュー

リバティーンズ再臨 - ザ・リバティーンズ
リバティーンズ再臨 - ザ・リバティーンズ

Anthems for Doomed Youth - Libertines
Anthems for Doomed Youth - Libertines
2015年9月11日発売


曲目
1.Barbarians
2.Gunga Din
3.Fame and Fortune
4.Anthem for Doomed Youth
5.You're My Waterloo
6.Belly of the Beast
7.Iceman
8.Heart of the Matter
9.Fury of Chonburi
10.The Milkman's Horse
11.Glasgow Coma Scale Blues
12.Dead for Love
Deluxe Edition bonus tracks
13.Love on the Dole
14.Bucket Shop
15.Lust of the Libertines
16.7 Deadly Sins
17.Over It Again

順位
・3位(UK)

レビュー
・The Libertines 3rdアルバム。邦題は「リバティーンズ再臨」。
2010年の再結成から足掛け5年、前作「The Libertines」より11年ぶりのオリジナルアルバムとなる。

今作では過去にライブで披露されていた未発表曲は「You're My Waterloo」以外は収録せず、他はすべて今作のために書き下ろした新曲だという。しかもプロデュースはワン・ダイレクションやエド・シーランを手掛けているジェイク・ゴズリングが担当している。
この事からわかるように1stと2ndが初期衝動と刹那的な煌めきを収めたアルバムであるならば今作はかなり腰を据えて作ったアルバムといえる。スカとかレゲエの色も見えるし、1stのようなガレージロックという枠組みだけでは語れないジャンルの広さというか音楽的な貪欲さが見える。
それこそ初期衝動的な勢いはメローな楽曲が多い今作からは感じないし、メンバーがそれぞれにキャリアを歩んできて上で作った良質なロックが並んでる、といった印象だ。単純にアルバムとしての完成度だけで見たら一番今作が上に来るんじゃないかなと思う・・・というか個人的なアルバムとしての満足度は今作が一番高いよ。


1st,2ndとは違う作風だけど、再結成して作ったアルバムがまた1st,2ndみたいなアルバムだったらせっかくドラッグ中毒から抜け出せたピートが元に戻っちゃったんじゃないか?カールと仲たがいしてんじゃないか?って思っちゃうし、そういった意味ではある意味正当で全うな変化だと個人的には思ってる。あの頃を求める人は肩透かしかもしれないけど、ピートには死んでもらいたくないし今作を皮切りにもっとリバティーンズとしての音楽を作っていったもらえたらなぁ〜と思う。
ただ相変わらずのヘロヘロヴォーカルと歌唱は「リバティーンズ聞いてるなぁ〜」って気分になった(笑)



評価
85点

Heart of the Matter



You're My Waterloo
posted by Shouta at 23:05| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする