2017年09月02日

Paramore「After Laughter」レビュー

After Laughter - Paramore
After Laughter - Paramore

アフター ・ ラフター - パラモア
アフター ・ ラフター - パラモア
2017年5月19日発売


曲目
1.Hard Times
2.Rose-Colored Boy
3.Told You So
4.Forgiveness
5.Fake Happy
6.26
7.Pool
8.Grudges
9.Caught in the Middle
10.Idle Worship
11.No Friend
12.Tell Me How


順位
・4位(UK)
・6位(US)


レビュー
・Paramore 5thアルバム。
結成当時からのメンバーだったジェレミーが2015年に脱退、2人組になってしまったが、その後喧嘩別れで脱退したザック・ファロが再加入。前作とは違う顔ぶれの3人組での新作となっている。

前作でもポップ化の兆しは見られたけど、今作では一気にインディポップ路線に舵を切っている。といっても前作のエモでポップ路線ではなく今作はサウンドからはほぼエモさは感じられない。
80sのニューウェーブに影響を受けたインディポップと言えば伝わりやすいだろうか。バンドサウンドだけど今までのように刺々してないし、ひたすら80sっぽさを感じるインディポップ。ただなかなかこの路線がParamoreにマッチしていて凄く良い!というかものすごく良い!
先行シングルの「Hard Times」のカラフルさとか凄く好きだ。


最初聞いたときは「ポップ過ぎないかな」と思ったけど、自分自身 ザ・80sなサウンドはもともと嫌いではない。
ヘイリーのヴォーカルは相変わらず力強いし、アプローチが違うだけで芯のところでのParamoreらしさは今作でも感じ取れる。
今思えば、ファロ兄弟が抜けた時点でソングライターが一新したんだしこのくらいの変化があっても然るべきだったよなって。その変化が前作を経て今作で大きな変化として表れてたのかなって思う。
「今まで違うから」といって聞かないのは勿体ない。あまりに賛否両論だからとりあえず1回は聞こうぜ!って思っちゃった。

(ただまぁ、アルバムとしての起伏には乏しいので個人的には1曲1曲聞くっていう感じが好きかな・・・笑)

そんなポップなアルバムだけど
制作中にヘイリーが一時期でに脱退しかけたり、新作リリース後にヘイリーが離婚したりとバンドの状況といよりかはヘイリー自身の状況はそこまで良いとは言えなかったようだ。
そんな中でのこの路線は冒険だと思うし、凄くリスキー。賛否両論巻き起こるだろうし、個人への言われない中傷もあるだろう。
結果としてチャート1位を獲得した前作に比べるとチャートアクションは不調気味な今作だけど、その挑戦する姿勢は評価に値すると思う。


評価
83点

Told You So



posted by Shouta at 22:38| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする