2017年09月08日

小松未可子「Maybe the next waltz」レビュー

Maybe the next waltz (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子
Maybe the next waltz (初回限定盤)(CD+DVD) - 小松未可子

Maybe the next waltz (通常盤) - 小松未可子
Maybe the next waltz (通常盤) - 小松未可子
2017年8月9日発売


曲目
1.Maybe the next waltz
2.Tornado Voice
3.真夏の夜のパレード


順位
・27位


レビュー
・小松未可子 9thシングル。
アルバムから引き続きQ-MHzが全面プロデュースしている。

「Maybe the next waltz」
テレビアニメ『ボールルームへようこそ』ED。アニメタイアップは「群青サバイバル」以来。
タイアップ先が競技ダンスがテーマの作品ということもあって、全面的にワルツを取り入れた今までにない楽曲に仕上がっている。アルバムにもこういうタイプの曲は無かったのでタイアップありきではあるけど凄く新鮮な曲調だなと感じた。

楽曲自体は優しく奏でられる平メロからサビ入ると一気に花開くような曲展開が凄くドラマ性を感じられて"競技ダンス"のオシャレな雰囲気と競技としての熱い部分の両面が出てて凄く良い。派手なキャッチーさは無いけど聞いてるうちにどんどん良さが浸透してくるようなタイプだと思う。
また小松未可子とQ-MHzの相性の良さは折り紙付きだけど、今までに比べても格段に難易度が高そうなメロディーラインだけどきちんと歌いこなすみかこしもさすが。


「Tornado Voice」
割とストレートなロックチューン。Q-MHzとのコンビを組んでからでは一番ギターが鳴ってるハードな曲かなって思う。サビの最後にある「〜しちゃうもんね!」が凄く可愛い。


「真夏の夜のパレード」
みかこしも作詞に参加しているアップテンポのナンバー。ポンポン!と音を1つ1つ上から落とすようなサウンドメイクと憂いのあるメロディーラインがちょっと都会的な雰囲気を醸し出していて、これまた今までに無かったような感じの印象を受ける。



DVD
・Music Videoとオフショット&インタビュー。
Music Videoはみかこし本人は踊らないで周りの人間がダンスするっていう映像。
オフショットを映しつつ。みかこしのインタビューが画面上方で為されてるって感じ。




評価
90点

どこまでみかこしとQ-MHzの蜜月は続くんだろうか・・・。いつまでも続いてほしいけど。

Maybe the next waltz



posted by Shouta at 22:31| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする