2015年06月02日

やなぎなぎ「エウアル」レビュー

エウアル (初回限定盤)(CD+DVD) - やなぎなぎ
エウアル (初回限定盤)(CD+DVD) - やなぎなぎ


2013年7月3日発売


曲目
1.本当
2.ユキトキ
3.青のパレード
4.concent
5.helvetica
6.Ambivalentidea
7.euaru
8.Zoetrope
9.ラテラリティ
10.ストレンジアトラクター
11.クオリア
12.トランスルーセント
13.ビードロ模様
14.嘘


CD DISC2(初回限定版のみ)
1.Agape / メロキュア
2.1/2 / 川本真琴
3.恋愛サーキュレーション / 千石撫子(花澤香菜)
4.light prayer / school food punishment
5.アンインストール / 石川智晶
6.Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜 / YEN TOWN BAND
7.カゼノトオリミチ / 堀下さゆり


順位
・4位



レビュー
・やなぎなぎ 1stアルバム。
ガゼル名義でニコニコ動画に投稿していたが、nagiとしてsupercellのヴォーカリストとしてデビュー、シングル3枚、アルバム1枚に参加していた。

supercellは割とバンドサウンド中心の楽曲が多かったんだけど ソロとして初のアルバムとなった今作は自身の音楽のルーツでもあるエレクトロニカが全面に出ていて、バンドサウンドで爽やかなポップスはオープニングの「ユキトキ」くらい。「ユキトキ」で始まったものだから、そういった方向性に期待していたら少々肩すかしくらった。
けど 割とこういったエレクトロニクスのサウンドの醸し出す幻想的な雰囲気は彼女の透き通るようなヴォーカルにはピッタリと合っているな〜と何度か聞いてて思うようになった。彼女が作詞作曲してる曲はほぼこの路線でメロディーが前に出てる歌モノでは無いんだけど、幻想的で一番個性が強く出てると思う。

逆にアニソン全開で最初聞いたときは強く印象に残ってた「Zoetrope」「ラテラリティ」がアルバムの中でも明らかに浮いてるように感じた。まぁ こういうアニソンからリスナーになっていく人が大多数なんだから入れないわけにはいかないんだろうけど どうせならアルバムの雰囲気を統一して欲しかったかな。


DISC2はカバー集。
4曲目以外は知ってたんだけど、原曲を知ってると正直このカバーは微妙。別に彼女の趣味をガッツリ反映されたカバー集でも良かったんじゃないかな?
でも「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」「カゼノトオリミチ」はなんとなくsupercellに在籍していた頃のこんな曲あったな〜って思った。



評価
85点
彼女の自作曲が割と好きなので 全曲自作アルバムとか聞いてみたいかも?

ユキトキ



ビードロ模様



Ambivalentidea


posted by Shouta at 21:57| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: