2016年07月16日

Red Hot Chili Peppers「The Getaway」レビュー

ザ・ゲッタウェイ - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ザ・ゲッタウェイ - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
2016年6月17日発売


曲目
1.The Getaway
2.Dark Necessities
3.We Turn Red
4.The Longest Wave
5.Goodbye Angels
6.Sick Love
7.Go Robot
8.Feasting on the Flowers
9.Detroit
10.This Ticonderoga
11.Encore
12.The Hunter
13.Dreams of a Samurai


順位
・2位(UK,US)



レビュー
・Red Hot Chili Peppers 11thアルバム。
前作から5年という長いスパンを置いてのリリース。91年の「Blood Sugar Sex Magik」から組んできたプロデューサー・リックルービンと離れ、新たにデンジャーマウスをプロデューサーとして起用。ミックスダウンはナイジェル・ゴッドリッチが担当した。

ギタリストがジョシュに変わって2作目。プロデューサーも変わって心機一転!といった感じなのかもしれないが・・・言うほど作風に変化は感じられない。デンジャーマウスもナイジェルゴッドリッチも冒険したとは言えない安定した人選だし。
ただリックルービンと異なり、デンジャーマウスはレッチリの仕上げてくる曲に対して文句をつけたり、却下したりしたことが多々あった模様。今までのレッチリは出来た曲を全部アルバムに詰め込むスタイルだったので曲ごとに完成度に落差があったりしたが、デンジャーマウスがキチンと製作に口出してくれたおかげでか今作は捨て曲は無くなりアルバム通しで聞くことが苦じゃなくなった。アルバム通しで聞くなら文句なしで今作が一番聞きやすい。

アルバムとしての雰囲気的はミディアム〜バラードが多く収録されており、同じような傾向を感じる99年の「Californication」に雰囲気が似てる。大きな違いとしては激しい曲が今作には皆無ということだ。この辺が賛否両論らしいんだけど、逆に言えばそれだけミディアム〜バラードに特化した大人のファンクとなっているとも言える。曲自体は激しくないけど個々のプレイは前作よりずっとファンキーで活き活きしてるし、イマイチ地味だったジョシュもジョンとは異なる空間を演出するようなプレイを確立したと感じる。
ただ前述の通りプロデューサーが変わったのに作風自体は大きな変化は無いし、アルバム全体の完成度が上がったとのは裏腹に1曲の突き抜け具合が弱くなった気もする(シングルカットされてる曲も今までに比べるとちょっと地味)。
なので絶賛は出来ないんだけど・・・レッチリは基本的には大好きだし、総合的に見れば良作だし安定した作品だなと思う。




評価
85点

Dark Necessities


The Getaway


We Turn Red
posted by Shouta at 14:29| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: