2016年09月01日

Galileo Galilei ALLシングルレビュー part1


定期的にやってる(つもり)の
ALLシングルレビュー!
久々過ぎてどんなフォーマットでやってたか忘れてしまった(笑)
今回は今年活動終了を発表したGalileo Galilei!

Galileo Galilei
2008年8月10日に『閃光ライオット2008』にてグランプリを獲得。2010年2月24日にミニアルバム「ハマナスの花」でメジャーデビュー。
2011年 アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のOPとして起用された「青い栞」で初めてチャートTOP10入りを果たした。翌年リリースしたアルバム「PORTAL」はインディーポップを導入し、大きく作風を変化させ、そのイメージを一変させた。
2016年 4thフルアルバム『Sea and The Darkness』、ベストアルバム「車輪の軸」をリリース。10月11日に初となる日本武道館でのラストライブを予定している。

代表曲/ハマナスの花、夏空、僕から君へ、青い栞、サークルゲーム


インディーズmini album「雨のちガリレオ」
2009年1月21日

ハローグッバイ
雨のちガリレオ - Galileo Galilei
雨のちガリレオ - Galileo Galilei
インディーズミニアルバム「雨のちガリレオ」収録。「閃光ライオット」優勝時にも演奏したまさにデビューのきっかけになった1曲。
原曲はロックバンドらしいガッツリしたアレンジだけど、キャリアを重ねた後のライブ演奏では音数を減らしたバラード調から最後にかけて原曲アレンジに戻るという構成で披露されている。このリメイクVer.は配信限定でリリースされている。
★★★☆☆
★★★★☆(リメイクVer.)



1st mini album「ハマナスの花」
2010年2月24日

ハマナスの花
ハマナスの花 - Galileo Galilei
ハマナスの花 - Galileo Galilei
ミニアルバム「ハマナスの花」収録曲。のちに1stアルバムにも収録された。
KDDI「au LISMO!」CMソングとして起用され、ガンガンCMでかかっていたのでおそらく1,2を争うくらいの知名度を誇る楽曲じゃないだろうか。ギターはガンガン鳴り響くロックチューン。個人的には歌詞の「はいオワリ」の印象が強い。初めて聞いたときは「オワリってなんだよ」って思った記憶が。
とりたてて好きな曲では無いけど楽曲のキャッチーさは爆発している。
それにしても今と比べると尾崎雄貴の雰囲気が違うなぁ・・・高校卒業してちょっとしか経っていないし当たり前か(笑)
★★★☆☆


1st single 夏空
2010年6月9日
夏空 - Galileo Galilei
夏空 - Galileo Galilei
アニメ「おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜」OP
タイトルのように夏を思わせる爽やかなロックチューン
一般的なGalileo Galileiのイメージというとこの曲あたりが一番近いんじゃないかな。
ただ歌詞を見るとそこまで爽やかっていうわけでも無く、割と後ろ向きなフレーズが目につき、のちに開花させる詞の世界観の片鱗が見える。
また歴代のシングルでもとびきりキャッチーなメロディーで、1回聞いただけでキチンと耳に残る。インディーズの頃からあった曲のようなので尾崎雄貴のキャッチーな曲を書く力は昔からあったことが伺える。
★★★☆☆


・C/W 花の雨
ガシャガシャしたアップテンポのロックチューン。最後まで勢いを保ったまま駆け抜ける様が気持ちいい。ちょっと靄が掛かったような音がシューゲイザーっぽいかも。★★★☆☆

・C/W アロズユーフ
インスト。へヴィがギターサウンドが鳴り響くナンバー。こういうサウンドならてっきり歌ありだと思ったけど・・・カッコいいっちゃカッコいいけどインスト向きのサウンドではないと思う。★★☆☆☆



2nd single 四ツ葉さがしの旅人
2010年9月22日
四ツ葉さがしの旅人 - Galileo Galilei
四ツ葉さがしの旅人 - Galileo Galilei
TBS「CDTV」OP。
前作よりもさらにポップになっており、曲自体もガッツリロックという感じでは無くかなりアッサリ目。この気負いしないで聴ける感じが好きなんだけど歴代シングルの中だとタイアップのせいもあってやや地味な立ち位置にあるのかなぁと思う
メンバーが女装したり、天使になったりして演劇みたいなのをやってるコミカルなMVが特徴的だ。
★★★★☆


・C/W ありがとう、ごめんね
静かでゆったりとしてミディアムバラード。
普通に良い曲だけどちょっと没個性的な感じも否めない。★★★☆☆

・C/W Invader
インスト。エレクトロっぽい雰囲気や犬の遠吠えから始まるのが印象的だけど「アロズユーフ」同様普通にメロディーつけて歌を歌えばいいのにと思ってしまう。★★☆☆☆


3rd single 僕から君へ
2011年1月19日
僕から君へ - Galileo Galilei
僕から君へ - Galileo Galilei
「進研ゼミ高校講座」CMソング。これも結構CMでかかっていた記憶がある。ちょうどMステの時間帯によくCMが流れてた。
正直なところ受験生応援ソング・・・?
というよりも子供と大人の狭間での葛藤、進むべき道を模索するといった歌詞で どっちかというと受験というよりかは大人の世界へ出ていくとき(就職など)の方がイメージ的にはマッチしてると思う。
個人的にそろそろ就活を・・・という年齢なのでグッとくるとフレーズがいくつもある。
この頃の彼らの中ではダントツで1番好きな曲だ
★★★★☆


・C/W 桃源郷
声を枯らして熱唱しているギターがガッツリ目のロックナンバー。もっとロキノンよりのバンドだったらこういった曲も増えていったんだろうなぁと思う。★★★☆☆

・C/W Alvin
例によってインスト。おもちゃの楽器を使ったみたいなサウンドからマーチングバンドみたいなサウンドに変わっていくのが特徴的。前2作ほどバンドとしての音が全面に出ておらず、音で遊んでるみたいな楽しさを感じる。★★★☆☆


1st album「パレード」
2011年2月16日

管制塔

パレード - Galileo Galilei
パレード - Galileo Galilei
インディーズミニアルバム「雨のちガリレオ」収録曲。
1stアルバム「パレード」では今作のアコースティックver.が収録された。今作をモチーフに三木孝浩監督に映画「管制塔」が制作され、EDとして起用されている。
アコースティックver.はシットリとして歌詞を聞かせるバラードに仕上がっているが、原曲はアップテンポのロックチューン。後者を後に聞いたのでアレンジの違いっぷりに驚いた記憶がある。この曲に関してはアコースティックver.のが合ってると思う。
★★★☆☆(オリジナルver.)
★★★☆☆(アコースティックver.)

posted by Shouta at 22:51| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: