2016年09月26日

奥華子「vol.best」レビュー

vol.best - 奥華子
vol.best - 奥華子

2005年4月20日発売


曲目
1.小さな星
2.雲よりも遠く
3.涙の色
4.そんな気がした
5.楔
6.笑った数
7.片想い
8.愛されていたい
9.境界線
10.虹色の目
11.その手
12.伝えたい言葉
13.自由のカメ
14.笑って笑って


レビュー
・奥華子 インディーズベストアルバム。
自主制作でリリースされていた「vol.1」~「vol.4」からの再収録、2曲の新録曲が収録されている。

「小さな星」「笑って笑って」「楔」などメジャーデビュー後に再録された楽曲も多く、まさに奥華子の原点ともいうべきアルバム。
全編弾き語り&バラードで構成されているのが特徴的でこれでもか!というくらい切々と想いを歌っている。
メジャーデビュー後の楽曲に比べるとちょっと粗があるというか、メロディーがしっくりこない曲が多少あったりすんだけど「笑って笑って」「楔」なんかはリメイクされて今でも代表曲として扱われている。

この「片想い」に至っては奥華子が初めて作った楽曲となっており、この段階から奥華子としての核は出来ていたんだなぁと感じる。

「楔」がリメイクされて今作以外で聴けるようになった今、ここでしか聞けない有名曲は「片想い」くらいだけになってしまったが、奥華子が好きなら必聴盤。


評価
80点



posted by Shouta at 21:06| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: