2016年12月11日

花澤香菜「ざらざら」レビュー

ざらざら(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
ざらざら(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜

ざらざら - 花澤香菜
ざらざら - 花澤香菜
2016年11月30日発売


曲目
1.ざらざら
2.クラッシュシンバル
3.IN LOVE AND IN TROUBLE


順位
・20位 

レビュー
・花澤香菜 11thシングル。
表題曲「ざらざら」は秦基博が作曲、花澤香菜自身が作詞を担当している。
この繋がりは花澤香菜が出演した新海誠作品「言の葉の庭」の主題歌とイメージソングを秦基博が担当したことによる。

「ざらざら」
秦基博お得意のミディアムバラード。曲先でそこに後から花澤香菜が詞を付けた、という形で製作された。
やや内向きで「毒」なんて単語が出てくるちょっと暗めの歌詞なんだけどそれを優しいメロディで包み込んで詞の棘がだいぶマイルドに仕上がっている感じ
「言の葉の庭」で彼女が演じたユキノ先生が何もかもうまくいかなくて塞ぎ込んでいるキャラクターだったので詞に関しては「言の葉の庭」を意識して作られたところもあるのかなぁ〜と個人的には思ったり。
花澤さん自体そこまで歌唱力がある方ではないのでじっくり聞かせる系は合わないような気がしていたんだけど、この曲に関してはしっかり歌いこなせてるし、ちょっと暗くてしっとりした雰囲気も表現できていると思う。

「クラッシュシンバル」
作詞は岩里祐穂で末光篤が作曲と編曲で参加しているピアノロック。
「ざらざら」とは対照的で開放的なメロディが心地よい1曲。

「IN LOVE AND IN TROUBLE」
ナカムラヒロシが作曲と編曲で参加しているトランス調のポップス。なんというか「ほほ笑みモード」以降この路線をちょくちょく挟んでるっぽいけど、この曲はそこまで振り切った感じではなくアニソンっぽい可愛らしい雰囲気が感じられる

DVD
・ざらざら Music Clip
「言の葉の庭」は美しい新緑の風景と第3の登場人物とまで言われてる雨が作品の重要な要素だったんだけど、
このMusic Videoでも綺麗な風景だったり、雨が降りしきる中の景色だったりと「言の葉の庭」を彷彿とさせるカットが見られる。
ただここまで「言の葉の庭」と関連性強かったら発売日は梅雨の時期の方が良かったような(笑)



評価
85点

ざらざら


posted by Shouta at 20:55| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: