2016年12月15日

Aqua Timez「アスナロウ」レビュー

アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
アスナロウ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez

アスナロウ - Aqua Timez
アスナロウ - Aqua Timez
2016年12月14日発売


曲目
1.アスナロウ
2.最後までU
3.空想楽
4.We Must
5.冬空
6.12月のひまわり
7.ソリに乗って
8.サンデーパーク
9.ナポリ
10.Dub Duddy 〜ライブ前日に見た夢〜
11.三日月シャーベット
12.閃光
13.Pascal
14.生きて
15.魔法を使い果たして

DVD
1.生きて Music Video
2.最後までU Music Video
3.12月のひまわり Music Video
4.アスナロウ Music Video
5.アスナロウ Music Video Off Shot Movie
6.Aqua Timez 47都道府県"Back To You"tour 2015-2016 Live&Documentary 予告編ショート



レビュー
・Aqua Timez 7thアルバム。
ベストアルバムを挟んで前作から2年4か月ぶりのオリジナルアルバムとなる。
初回限定盤、通常盤、team AQUA限定盤の3種でのリリースでteam AQUA限定盤にはDVDのほかに「"アスナロウ"オリジナルデザインタオル」が付属してくる。

一言で言うと非常に自由度の高いアルバム
ロック重視な「because you are you」、全体のストーリー性を重視した「エルフの涙」とコンセプトがそれなりに決まった作品が多かった。加えて外部からのプロデューサーを参加させ、新たな風を吹き込んだりと"変化"を求めていた時期でもあったりする。
そういった時期と10周年を経て、今作ではデビュー時と同様にセルフプロデュースに回帰。作詞作曲のすべて太志が担当している
原点回帰・・・とまでは行かないもののリードトラック「アスナロウ」がラップから始まるミクスチャー全開なナンバーだったり、先行シングルが彼らの真骨頂ともいえるミディアムナンバー「12月のひまわり」など初期を彷彿とさせる楽曲も随所にみられる。
もちろん10年分の変化と進化を感じるアレンジで、過去の曲と比較しても全然見劣りしない出来だと思う。
個人的にはポエトリーリーディングの「冬空」からの「12月のひまわり」の繋がりが初期2枚を彷彿とさせて凄く懐かしい気持ちになった。

一方で
パンキッシュなサウンドとストリングスが絡み合うクリスマスナンバー「ソリに乗って」、華やかなピアノリフが印象的な「サンデーパーク」など新境地とも言える楽曲も多数。サウンドアプローチ的にポップスとして前作以上に幅広くなっている
その極地が「ナポリ」「Dub Duddy 〜ライブ前日に見た夢〜」の2曲。
前者は食べ物ソング、後者は完全にお遊びソング(太志のセリフ入り)、歌詞のぶっ飛び具合から賛否両論間違いなし。歌詞だけ見るとえぇ・・・と困惑しちゃうけどサウンドだけ聞けば、今までのAqua Timezにも無かったような斬新さで今作の自由さの象徴ともいえる。
(ファン目線だと歌詞もあの太志が詞で遊ぶようになったかぁと感慨深さも感じたりする)

ただ、これは好意的に捉えた見方であり、歌詞の内容がやや内輪ノリ気味なのは気になるところ。実際「楽屋で話してる内容をそのまま歌詞にした」みたいなこと言っていたし。個人的にはこのぐらいがギリギリのラインでこれ以上内輪ネタに走ると 活動も閉鎖的になっていく傾向があるのでヤリ過ぎは辞めてほしいと注意喚起しておく。

まぁ自分から見てみると このぶっ飛んだ自由さを引き締めているのがシングルや「Pascal」「魔法を使い果たして」といった核がしっかりしている楽曲郡でキチンと軌道修正できていると思うので 割とアルバムとしての印象は悪くない。
個人的にはファン以外の反応が・・・気になる所だ。良い曲は確実にあるのでいろんな人に聞いてほしいなぁ・・・・(切実)


評価
90点

12月のひまわり


最後までU


生きて


posted by Shouta at 22:44| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: