2017年01月26日

豊崎愛生「all time Lovin'」レビュー

all time Lovin'(初回生産限定盤)(DVD付) - 豊崎愛生
all time Lovin'(初回生産限定盤)(DVD付) - 豊崎愛生


all time Lovin' - 豊崎愛生
all time Lovin' - 豊崎愛生
2016年3月23日発売


曲目
1.銀河ステーション
2.クローバー
3.Uh-LaLa
4.恋するラヴレター
5.ほおずき
6.ディライト
7.トマト
8.ポートレイト
9.叶えたまえ
10.シャムロック
11.タワーライト
12.一千年の散歩中


順位
・10位


レビュー
・豊崎愛生 3rdアルバム。
前作から2年半ぶりのアルバムで前作で逃したTOP10に復帰した。

シングル「Uh-LaLa」から9か月も期間が空いたのでこのまま音楽活動もフェードアウトか?と思ったところでリリース。
一応1st,2ndの感想では「可愛らしい雰囲気は好きだけど、1曲1曲が強く残らない」みたいなことを偉そうに書いてたと思う。そんなわけで今作もそこまで期待をせずに手に取った感じだったんだけど・・・
これが実に良かった!!。豊崎愛生は合わないかもとか言ってたけど手のひら返します(笑)
基本的にヴォーカル、サウンドともに可愛らしいフワフワな雰囲気は今作でも継続。今までの変化としてはバンドサウンドがビシッ!と決まっていること。「叶えたまえ」のジャケ写はT-REXリスペクトかなぁ〜とか思っていたんで何となくこの方向性は予想できたけど、バンドサウンドがメインになったことで可愛らしい中にも一本芯が通ったような印象を受けた。
「恋するラヴレター」なんかはキーがかなりギリギリなシャウト気味なヴォーカルも聞ける。ちょっと「けいおん」っぽい雰囲気もあるのがうれしいところだ。

またジャケ写の"真夜中の中の煌びやかさ"みたいな雰囲気がアルバムとして一貫されていて こういった流れで夜空の銀河を思わせる「一千年の散歩中」で締められる今作はアルバムとしてのまとまりも今まで以上に感じられる。
1st,2ndと合わなかったのに3rd聞いてる俺みたいなのは非常に少ないと思うけど、ようやく豊崎愛生の良さに気付けた気がする。ぼちぼち1stと2ndも聴き直してみるかなぁ・・・。


評価
90点

posted by Shouta at 22:59| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: