2017年01月31日

Arctic Monkeys「Favourite Worst Nightmare」レビュー

Favourite Worst Nightmare - Arctic Monkeys
Favourite Worst Nightmare - Arctic Monkeys

フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー - アークティック・モンキーズ
フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー - アークティック・モンキーズ
2007年4月18日発売


曲目
1.Brianstorm
2.Teddy Picker
3.D is for Dangerous
4.Balaclava
5.Fluorescent Adolescent
6.Only Ones Who Know
7.Do Me a Favour
8.This House is a Circus
9.If You Were There, Beware
10.The Bad Thing
11.Old Yellow Bricks
12.505

順位
・1位(UK)
・7位(US)


レビュー
・Arctic Monkeys 2ndアルバム。
前作から1年強という短いスパンでリリースされ、前作同様イギリスでは1位を記録。アメリカでは初めてTOP10に入った。

基本的にはアップテンポでガレージロックだった前作の延長線上。
なんだけど、楽曲自体に荒削り感がすっかり抜けて一気に大人びた感じ。演奏もソングライティングも1年そこそこでこんなに洗練されるの?ってくらい洗練されている。
「Brianstorm」のようなテンポが速い曲にしてもサウンドがどっしりとしていて、1stの頃とはまた違った印象を与えるものになっている。


また次回作「Humbug」ほどではないにしてもアルバム全体から流れる雰囲気もダークな感じで前作の延長線上ではあるけど差別化はかなりできている、というのが今作の印象だ。
で、Arctic Monkeysで一番聞きやすいのもこのアルバムかな〜と思っている。1stの路線を継ぎつつも荒削り感が無く、「Fluorescent Adolescent」のようなUKロック直系の美メロソングも収録されている。アルバムとしても緩急がキチンとしてあるのでアクモンを初めて聞くなら、今作から!がベストだと思う。


評価
88点

Fluorescent Adolescent


Teddy Picker

posted by Shouta at 18:54| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: