2017年02月10日

ドレスコーズ「1」レビュー

「1」【初回限定盤】 - ドレスコーズ
「1」【初回限定盤】 - ドレスコーズ


「1」【通常盤】 - ドレスコーズ
「1」【通常盤】 - ドレスコーズ
2014年12月10日発売

曲目
1.復活の日
2.スーパー、スーパーサッド
3.Lilly
4.この悪魔め
5.ルソー論
6.アニメみたいな
7.みずいろ
8.才能なんかいらない
9.もうがまんはやだ
10.妄想でバンドをやる(Band in my own head)
11.あん・はっぴいえんど
12.Reprise
13.愛に気をつけてね


順位
・18位

レビュー
・ドレスコーズ 3rdアルバム。
9月にリリースした「Hippies E.P.」をもって志摩遼平以外のメンバーが脱退、5人体制のドレスコーズは終了。今作からドレスコーズは志摩遼平によるソロユニットとなった。

今作はメンバー脱退後にすべての楽曲を書き上げ、ほぼ一人で演奏までこなして録音したという今作。なんと曲作りを含めてレコーディングは1か月間だけだったということでかなりの急ピッチで制作されたようだ。
当然だけど歌詞のテーマは「別れ」が多く、リード曲「スーパー、スーパーサッド」なんかはそのまんまバンドから4人が抜けたことによる悲しみを素直に歌ってるように感じられる。


ドレスコーズは2ndアルバム位から志摩遼平の溢れんばかりのポップメロディーが全面に出てきていて、バンドサウンドがだいぶ窮屈そうにしてる感があって、結果的に5人体制としてはラストになった「Hippies E.P.」はダンスミュージックにまで行ってしまった。個々では技術は凄いんだろうけど、1stアルバムのようなバンドマジックはついに聞けなかった・・・という印象なんだけど、
幸か不幸か志摩遼平のソロユニットになったことで彼の書くメロディーが今まで以上に生き生きして聞こえてくる。楽曲の幅広さという意味では過去最大の振れ幅。時期が時期だけ合って内省的な曲が多いんだけどそのアプローチの仕方が非常に多彩でこんな曲も書けるんだとかなり驚かされたし、ひとつのポップスとしての完成度も凄い。
「妄想でバンドをやる(Band in my own head)」という曲名にあるようにバンドマジックを求めていたんだろうけど、毛皮のマリーズとドレスコーズの2つのバンドがこういう結末となってしまったし、ソロでやったほうが(言い方は悪いけど)自由に楽曲を作れてる感じがある。
正直ドレスコーズでは一番好きなアルバムなんだけど、いろんな背景を考えると複雑な気持ちが渦巻くアルバムでもある。



評価
93点

posted by Shouta at 22:19| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: